2018年01月15日

第37回フロストバイトロードレースに参戦しました〜〜^^(戦いすんで編)

300.jpg


無事に走りきりました


◆フィニッシュにて
307.jpg


 今までフロストバイトロードレースのフィニッシュは、300mくらい前からフィニッシュゲートが見えていて、そこに向かって『もがく』という感じでした。
 ところが今回は大きく左折したら即フィニッシュ、って感じでちょっと拍子抜けでした。お陰で時計を止めるのを忘れたくらいです

 フィニッシュ直後にS水さんから声をかけて頂きました。すでに記録証を手にされています。『先に戻っている』と仰って一旦別れます。そしてトボトボ歩くとスポドリ(ゲータレードって言ってました)とバナナを頂きました。その動線に従って歩くと記録証の発行です。過去二回はWebからの自分印刷での記録証でしたが、去年から即日発行に変わりました。
 運営スタッフの方が沢山いらっしゃったので、待ち時間ゼロで記録証を頂けました。ベースキャンプに戻ることにします。


◆ありがとう、横田基地の皆さん。
 ベースキャンプに戻ると、S水さんが着替えをしていました。『クールダウンに行くけど、どうする?』と誘って頂きましたが、疲れてしまって一歩も歩きたくない感じです。誘って頂いたお礼を言いつつお断りをして、S水さんはクールダウンで走りに行かれました。

 おっちゃんも一人落ち着きます。
止まると待っていたかのような、汗が噴き出てきます💦💦💦。しばらくほったらかしていると、場内案内がハーフマラソンの招集を告げています。
 ハーフの競技はチームおっさんランナーズで晴れ男さん、Mitzさんが参戦されると伺っています。お二人ともご尊顔は存じ上げないのですが、おっTを探せばあとは何とかなると思って汗を拭いながら、着替えをすませます。
そしてスタート地点に行ったのですが、周りは
301.jpg


こんな感じです。
 スタートゲート付近をウロウロしておっTを探したのですが、かなりの人が出ていて断念。(晴れ男さん、Mitzさん、またどこかでお目にかかれると嬉しいです)

 お二人の探索から戻ってきたら清水さんもクールダウンを終えて戻っていらっしゃいました。
 今回の基地の動線はコースを横断しないとゲートにたどり着くことが出来ません。ハーフのスタート前に会場を後にすることにしました。
基地のゲートに向けて歩いていると
302.jpg


 コースの脇にいた大きなバイクに乗った集団です。なんだろう?と思っていたらこのバイク集団が、ハーフの先導車でした。ビックリしましたが、これもフロストバイトロードレースっぽくて、いい感じです

 行くときにもらった参加賞のテントも一つだけになっていました。
303.jpg


 そしてゲートを出たところで、S水さんと記念写真。
304.jpg



◆宴会スタート!
 最寄り駅であるJR青梅線の牛浜駅までブラブラ歩きます。脚の痛みは思っていたほどではなく、気持ちの良い疲労感がある程度です。

 駅での待ち時間もソコソコで列車に乗り込むことが出来ました。
途中の乗換駅である拝島駅では、去年撮影に失敗したホームドアの画像を今回はゲットしました。
305.jpg

いままでこのバーが跳ね上げ式のホームドアはここ拝島駅だけしかお目にかかっていません。


 途中の大きなターミナル駅まで戻ってきました。時間は12:00になっていませんが、ランチを兼ねた飲み会に突入です。
306.jpg


 S水さんとは連絡は取り合っているものの、お目にかかったのは去年のフロストバイトロードレース以来。
 例によっておっちゃんのマシンガントークとS水さんの陸上談議で楽しい一日を過ごすことが出来ました。

2018/01/20 AM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(1) | フロストバイトロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

第37回フロストバイトロードレースに参戦しました〜〜^^(実走編)

201.jpg


スタートしました


◆スタート〜1km
202.JPG


 スタート位置は無謀にも前から三列目あたり。
スタートの号砲一発、周りのランナーが一斉に猛ダッシュでスタートです。ロスタイムはなしです。
おっちゃんは過去二回先行突っ込み型で辛い思いをしたので、ここでは抑えて走ろうと思っていました。ところが隣にいるはずのS水さんが見えません。前の方を走っている様子もなしです。そして時計でペースを確認した瞬間、抜かれました。

 そうなんです。また

イノシシ・ダッシュ


をしてしまったようです
 『これれではダメだ』とペースを落とそうとするのですが、周りのペースに引きずられるように走っています(あとで確認すると瞬間で3分30秒/kmを切って走っていたようです)。

 コースは過去三回同じスタート地点を、逆走して走っています。
まだこの時点では息も上がらずに、走ることが出来ている自分に驚いています。でもペースは速すぎです

-----------------------------
スタート〜1km 平均ペース 4分00秒/km


◆1km〜2km
203.JPG


 1kmおきに大きな表示板が設置してあります。『今までこんな表示板あったかなぁ?』と思いながら走り続けます。
 先ほどアップしたグラウンドが右手に見えたとき、明らかにペースが落ちました
 ただ今までのように苦しい感じはありません。そんな間も、後続のランナーにバンバン抜かれます。今回はここで無理をしないで、最後の1kmダッシュをしたいと思っているので、これ以上ペースを落とさないように走ります。
 
-----------------------------
1km〜2km 平均ペース 4分26秒/km


◆2km〜3km
204.JPG


 右手に米軍のゴルフの打ちっ放しフェンスを見ながら直線を走っています。ここで息が上がってきました。かなり苦しくなって空気を吸うときに鼻呼吸が出来なくなります。
 ここからもがくしかないのか、と思ったときコースが大きく左に折れて正面に滑走路のあるところに出ました。
 天気は相変わらずいいのですが、風が強く向かい風でやって来ます。 いつもここは風の影響を受けるのですが、今年は特に強く感じます。体を傾けて前傾姿勢を取るのですが、体が前に進みません。
 この1kmはあまり抜かれた記憶がなく、前のランナーとの差も広がらなかったと思います。ただ体力を使っているなぁ、という感覚だけがありました。

-----------------------------
2km〜3km 平均ペース 4分45秒/km


◆3km〜4km
205.JPG


 コースがクランク状に曲がったところに3kmのポストがありました。
ここからがさらに風が強くなりスピードが落ちたという自覚が出ました。GARMINでペースを確認すると5分10秒/kmという表示が見えました。
 年末の足立フレンドリーマラソン(ハーフ)でもなかったような遅いペース。風の影響はもちろんあると思うのですが、あまりにも遅くて自分にガッカリです。
 そのガッカリした瞬間、おっちゃんより明らかに背が低く、参加賞のトレーナーに学校の長ズボンジャージを着た男の子(明らかに小学生)に抜かれました。『この子について行こう』とちょっとだけ併走したのですが、すぐにちぎられました

 そんなことをしているうちに、滑走路のあるところは終わって倉庫が並ぶルートになります。

『風がないのは走りやすい


と実感するのですが、倉庫と倉庫の間はビル風のように強い風が吹いています。進路禁止のパイロンが、風で流されています。
 そして大きく左折すると突如給水所がありました。ただあと1km程度だったのでそのまま走ると、大きく左折をして4kmのポストを通過しました。

-----------------------------
3km〜4km 平均ペース 4分50秒/km


◆4km〜フィニッシュ
206.JPG


 ペースが大きく落ちているのは、気がついていました。残り1km。ここでスパートをしてみます。心拍を使いきってもいいので、ペースを上げます。ただ思っていたほどペースが上がりません。フィニッシュ地点に戻っているので、声援を送ってくれる方々が増えてきました。
 ここまで抜かれるばっかりで、抜いた人がいません。

『ひとりぐらい抜きたい!』


と前のランナーに迫ります。もう少しで並べるか、というときに気づかれてしまったのか、急に相手がペースアップ。結局一人も抜くことが出来ずそのままフィニッシュとなりました

-----------------------------
4km〜フィニッシュ 平均ペース 4分21秒/km

2018/01/18 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(4) | フロストバイトロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

第37回フロストバイトロードレースに参戦しました〜〜^^(当日スタート直前編)

101.jpg


本番当日にやっちゃいました


◆会場までのスケジュール
 今年のフロストバイトロードレースもラン仲間のS水さんと一緒に参戦します。S水さんは5k〜10kを中心にマスターズの大会に参戦される、本格的なランナーさんです。
 2016年から一緒にこの大会に出させてもらっています。
ストレッチやアップなど時間をかけてしっかりされる方なので、いつもおっちゃんは勉強させてもらっています。

 今回もスタート2時間前に会場に到着するように移動スケジュールを考えました。


◆起床から自宅出発
 前日に荷物を作って、早めに就寝。朝5:30に予定通り起床。事前に準備しておいたウェアに着替えます。そしてネットで今日の天気を確認。
102.JPG


 天気の心配はなさそうですが、気温が低い!スタート前でも4度以下。冷蔵庫より寒い

 朝ご飯は前日のヒジキご飯を食べて、準備完了。
103.jpg

今日は家で食べることにしていたので、おにぎりではなくお茶碗に用意してもらいました。


 荷物の確認をして、眠っているかみさんに挨拶をして家を出ることにします。自宅を出発したのが6:00を少し回っていました。やっと日の出の時間を迎えたようで、街はまだ暗いです。
104.jpg


そして、なによりも

“寒い!!


 背中を丸めながら、駅までの道をトボトボ歩くことにします。


◆予定の電車に乗車
 駅には予定通りの時間に到着。
105.jpg


 電車も予定通りやって来ました。休日早朝の電車の割には、乗客はいましたが席は確保。暖房の効いた暖かいシートで独りごちに着きます。S水さんの待ち合わせ駅まで約15分。特にすることのないおっちゃんは、荷物から大会から届いた封筒を確認。
 その中に入っている、入場証を読んでいました。既に3回行っているので、今更...と思って読んでいると
106.jpg


 入場証はあるのですが、同様に必要なのが身分証明書

「ん?」


 身分証明書は運転免許証を使っているのですが....ない!
ちょっと探してみますが、そもそも荷造りした記憶がない!!

やばい!!!



◆急いで自宅へ
 すでに電車はS水さんが乗り込むであろう駅の手前です。とにかく確認をと思い電車に乗ってこられたS水さんに身分証明書の必要性を確認。
 やっぱりないとは入れない様子。おっちゃんは次の駅で下車することにします。S水さんも付き合うと行ってくれたのですが、時間的にレースに出られないほどの時間ではないし、おっちゃんの単純なミスです。

 S水さんと別れておっちゃんは次の駅で下車
折返しの電車が来る前に、かみさんに連絡。すると奇跡的にかみさんが起きていてLINEでやりとりを行い、おっちゃんの運転免許証が家にあることを確認。

 かみさんは免許証を持って駅に向かうと行ってくれています。

『あとで高くつくかも...


と思いましたが、背に腹は代えられません。お願いをして30分前に出発した地元の駅に到着。かみさんはいませんでしたが、自宅に向かって走り始めます。

『今日のアップはこれなのか!』


と独りギャグを入れながら家に向かうのですが、なかなかかみさんと出会えません。結局自宅のピロティで、会うことが出来ました。なんでもエレベータが故障していて、なかなか来なかったとか(おっちゃんは普段エレベータは使わないのでわかりませんでした)。
 かみさんから運転免許証を受け取り礼を言って、駅にUターンダッシュしました。


◆再び会場へ
 結局最初の予定から40分遅れて、最寄り駅をスタート。
ネットで電車の乗り継ぎを確認をします。すると会場到着は当初の予定より35分遅れ、それでもスタートの85分前には到着できそうです。
(独りで行動したら当初からこの程度の予定だったと思います)

 S水さんにベースキャンプの場所選定をお願いして、電車に揺られることとなりました。
 途中の乗換駅でも電車は遅れることなく、定時運行してくれていました。
107.jpg

八王子駅からは八高線に乗りました。


 乗り換えた八高線では、あまりランナー風な方を見ることはありませんでした。
拝島駅で青梅線に乗り換えます。
108.jpg


 そして8:00過ぎ。最寄り駅であるJR青梅線、牛浜駅に到着。
109.jpg


 ここから徒歩で約20分。当初の予定から35分遅くなって横田基地に到着しました。
110.jpg



◆横田基地にて
111.jpg


 さあ、横田基地に入場です。ゲートの前では日本人の運営の方が、入場券と身分証明書の確認をしています。やっぱり身分証明書は必要です。

“引き返して免許証を取りに行って良かった


 おっちゃんもしっかりチェックを受けました。入場者は沢山いるのですが、運営の方々も沢山いらっしゃるので流れはスムーズです。

 それが終わるとBAG SEARCH(荷物チェック)。ここは基地の兵隊さんが対応してくれます。
 もちろん悪いことはしていないのですが、小心者のおっちゃんはいつもドキドキします。

 荷物チェックも終わって基地の中に入ると...あれっ?
すぐに参加賞の受け渡し場所です。いままでだとなにもないところです。
112.jpg
 

参加賞引き渡しも、受付がいっぱいあって待つことはありませんでした。
そして奥に進むと、スタートゲートがこんな所にありました。
113.jpg

画像の右側は国道16号線です。


そしてスタートゲートのすぐ左に
114.jpg


フィニッシュゲートがありました。

 この辺りは今まで過去三回は、受付や参加賞引き渡しになっていた駐車場でした。今回はここが大会会場になるようです。

 さておっちゃんは、事前にS水さんから連絡を頂いたベースキャンプに向かいます。
115.jpg


 場所はすぐにわかってS水さんとも合流。風が凌げて、日が当たるいい場所でした。早速着替えて、アップに向かいます。
116.jpg


 風が弱くて、陽があったっています。アップのジョグを行うのにちょうどいい暖かさです。おっちゃんはストレッチをした後20分ほどアップをして先にベースキャンプに戻ります。

 そして本番の服装に着替えて、戦闘モードにチェンジです。
『早めにスタート地点に行きましょう』と戻ってこられたS水さんとスタート地点に並びます。

 今回は動線が今まで違うので、かなりビビっています。スタート5分前でもスタート地点ではこんな感じです。
117.jpg


 スタート前のお決まり画像も抑えておきます。
118.jpg


 スタート3分前で、やっと目の前が開けてきます。
そして2018年1月14日 9:45 定刻通りスタート号砲が鳴りました。
119.jpg


2018/01/17 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | フロストバイトロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする