2016年01月31日

第36回館山若潮マラソンに行ってきました〜〜^^(当日編)

大会当日の1月31日(日)
 6:30に起床。
 心配されていた天候は晴天というわけにはいきませんが、雨は降っていません。そして風もほとんど感じません。フルマラソンを走るにはほぼBestといって良い気象条件です。
 早速朝ご飯の準備をします。
201館山.jpg

走らない人間の朝ご飯としては、ちょっとカロリーオーバーかなぁ


 ホテルからシャトルバスが運行されてJR館山駅西口までゆっくり歩いて10分。
大会会場まで行くシャトルバスは7:30から運行されているそうです。会場までは数分で到着できそうです。
 またチームおっさんランナーの皆さんとの待ち合わせ時間は8:30。それまでに場内の撮影などもしたいので...
 7:30にチェックアウトします。

202館山.jpg

パームツリーの奥がJR館山駅です。
さすがにスタート2時間以上前なので駅前は閑散としています。


203館山.jpg

シャトルバスの乗り場は、駅西口のロータリーで反対側です。


204館山.jpg

この時間ですでに沢山のシャトルバスが待機しています。


 シャトルバスに乗ること約5分。大会会場近くのイオンタウンで下車します。
205館山.jpg


ここから会場まで10分ほど歩きます。
206館山.jpg


207館山.jpg


大会会場に到着です。大会会場の見取り図です。
208館山会場図.JPG


入口から入ったところです
209館山.jpg

遙か先に見えているのが、フィニッシュゲートです。


 スタート二時間前なので、まだ参加者は疎らです。空いているうちに会場を一回りしてみます。
フィニッシュに向かう最後は芝生の道で、まさにヴィクトリーロードって感じです
210館山.jpg


フィニッシュ地点を逆から見ます。
212館山.jpg


当日受付のテントです
213館山.jpg


若潮マラソン名物の豚汁はただ今作成中です。
214館山.jpg


手荷物受け渡し所です。スタート30分前はここが一番の激戦地でした。
215館山.jpg


手荷物受け渡し所を背にして出店コーナーです。かなりのお店が出ていました。ちょっと見て回りましたが、集合時間が気になってうわの空です。
216館山.jpg


 どうしても時間が気になって、15分前に集合場所に行ってみました。
217館山.jpg



それらしい方はまだいらっしゃらないようです。
今日は走らないのですが、記念Tシャツは着込んでいるので『わかってもらうためには脱いだ方が良いのかぁ』と思いつつ、その場をウロウロ。

 そして8:25。
目印の赤と白の縞帽子をかぶった、男性が目の前を通過していきます。『おっさんランナーさんですか?』と聞くことが出来ず、おもわず『(本名)さんですか?』と尋ねてしまいました

するとその男性は、すぐにわかってくれました。
 やっと会うことが出来ました。遠路はるばるこの方に会いに来たのです。この方は“嫁とオイラの“ヘッポコ”ラン日記”というBlogのオーナーさんである“おっさんランナーさん”です

 ほかのBlogの常連さんから
『Blogのイメージ探すと絶対にわからないよ』

と言われていたのですが、まさにその通りでした。 もし目印の帽子がなければ決して声をかけることは出来なかったと思います。Blogのキャラとはまったく違うスラッとした、男前の方です
 まだ他にお仲間がきていないことを良いことに、自己紹介したり写真を撮って頂いたりと、やりたい放題でした

 程なくして、皆さんがお見えになりました。
218館山.jpg

『たーこさん』からマッサージを受けるおっさんランナーさん


 おっさんランナーさんから紹介して頂いたのですが、あまりの多さに最後はごっちゃになってわからなくなりました
わかる範囲でのご紹介になります。抜けてしまった方、申し訳ありません

じぇっとさんご家族です。
219館山.jpg

じぇっとさんの息子さんが作った、てるてる坊主が館山から雨雲を退散さました


220館山.jpg

40'sおやじさんとHiroさんです。


221館山.jpg

ださべさん、はまちさん、テイテイさんです。ださべさんは噂通りの男前でした


222館山.jpg

梅里さん、マックさん、しもべーさんです。右手に見える腕はおっさんランナーさんです。


223館山.jpg

ももさんです。


224館山.jpg

マーさんとアニさんです。お二人からは三浦半島の情報など、貴重なお話を聞くことが出来ました。
ありがとうございました


225館山.jpg

ナツオさんは手作りシャツで参加されたていました。この画力にも感服です。


 あと画像がなくて残念ですが、特記したいのは“ミネさん”です。おっさんランナーさんのお知り合いで、ウルトラマラソンやトレイルレースの達人さんです。
 ウルトラマラソンの練習方法など、こちらからの質問にイヤな顔せず応えて頂けました。
みねさん、ありがとうございました




そうこうして、宴が暖まった頃この方が降臨されました。
226館山.jpg


 この方は、おっさんランナーさんの奥様でいらっしゃる“嫁さんランナー”さんです。自分が今回お目にかかりたかった、二人目の憧れ人です。見えにくいですがデビルマンさんと移動交番を引き連れていらっしゃいます(笑)

 そしてこちらが“デビルマンさん”です。
227館山.jpg


 ふなっしーもどきの“ハービー”さん、少し遅れてお見えになった、赤い彗星こと“ファンネル38”さん。デビルさんと相まってチームおっさんランナーの“青黄赤の信号機三連星”です(笑)。周辺はちょっとしたパーティー状態になりました。
228館山.jpg

実はこの後ろが移動交番でして、画像をよく見るとおまわりさんがかなり二人を“ガン見”されていました(笑)



 楽しい時間はあっという間に過ぎて、皆さんはスタート地点に向かわれます。今回の館山若潮マラソンでのやりたかったことをやり切った自分はすることがないので、おっさんランナーさんご夫妻とデビルさんについていきます。
 そしておっさんランナーさんがトイレに入られたのをキリに、お別れします。

 残った自分はスタート地点に向かいます。
229館山.jpg


かなりの人だかりなので、スタート地点から10mほど行ったところで観戦します。


230館山.jpg

金哲彦さんが走る準備をされていました。


 そして10時00分。予定通りレースがスタートです。
231館山.jpg



 10000人近いランナーが走るので、一人一人はわかりません。チームおっさんランナーのTシャツを着ている方を見かけたのですが、お名前がわからないので拍手だけを送りました。

 そんな中“おっさんランナー”さんを奇跡的に発見。声をかけたのですが、まわりの声援にかき消されたようです
 その後“嫁さんランナー”さんも発見してお声がけ。こちらは気がついて頂き1分前に“おっさんランナーさん”が通過したことを伝えました。
(おまけなのですが、この模様はオールスポーツのカメラマンさんに撮影されていました(^^ゞ)



 最後のランナーとなったデビルさんの通過を見送って、自分も会場をあとにします。シャトルバスは動いていないらしいので、駅までブラブラ歩きます。
232館山.jpg

1kmポスト発見です。ゆるキャラのだっぺいがいたるところにありました。


233館山.jpg

皆さんはこの先で戦っています。


235館山.jpg

来年の今頃はこのポストをどのような気持ちで眺めているのでしょうか。


234館山.jpg

来年の今頃は笑ってこのゴールへの道を走っていたいです。


 ブラブラ歩いて約30分。JR館山駅までやってきます。あとは帰るだけです。“鉄”の血が騒いで外房線経由も考えたのですが、走ってもいないのに長く家を空けられません。また懐具合も考えて...バスで横浜駅に向かうことを考えました。
 調べてみると一時間待ちで、館山駅から羽田空港経由横浜駅行きがあります。これで帰ることにします。
 さて、この一時間どうやって時間をつぶすか...そこで考えたのがこれ!!

236館山.jpg


以前のラン&スマで館山若潮マラソンエイドの名物に、ここ中村屋のクリームパンがあるとききました。
 自分は甘いパンはそんなに好物ではないのですが、ここで食してみます。
カスタードクリームにシナモンの香りがします。甘さ控えめで美味しかったです。(あまりの美味にもう一度来店して家へのお土産にしたほどです)

 そして定刻にバスがやってきました。
237館山.jpg


 館山駅からは7名ほどの乗車。大会が終わった後のバスはきっと満員だと思いますが、普段はこんな感じなんでしょうね。
 途中幾つかのバス停で乗客を乗せて君津から高速へ。
238館山.jpg

アクアラインに入ります


239館山.jpg

海ほたるは通過しました。


240館山.jpg

途中、羽田空港に立ち寄りました。


 そして定刻通り13:50横浜駅に到着。何本かの電車を乗り継いで帰宅しました。



...ということで、館山若潮マラソンの応援日記は終了です。

241館山.jpg


来年はこのゴールを笑顔で走りきるぞ!!


2016/02/05 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

第36回館山若潮マラソンに行ってきました〜〜^^(前日編)

 DNSにすることは決めましたが、館山へ行くための準備はすでにおこなっています。
その一つが前泊の宿の予約です。いろいろ調べたのですが自宅から館山まで当日の移動は不可能なものですから。
前日キャンセルだと100%のキャンセル料が発生するので、やめるのはもったいないです。

 そして館山若潮マラソンに行きたい理由はもう一つ。
それは自分が毎日のようにチェックしているBlog(嫁とオイラの“ヘッポコ”ラン日記 http://146.at.webry.info/ )のオーナーさん(“おっさんランナー”と名乗っていらっしゃいます)を始め、読者さんが皆さん集まるのです。
 そのBlogではコメントで読者さんと昔からの友人のように接しているのですが、直接お目にかかったことはありません。

是非、皆さんにお目にかかりたい!


 DNSだけど、現場まで行くことにしました


大会前日の1月30日(土)
 早朝テニスをこなして一度帰宅。
荷物を確認して、自宅を出たのが12:00過ぎ。電車を乗り継いで、やってきたのは横浜駅。ここから横須賀線・総武線を乗り継いで千葉に向かいます。
『昼ご飯は駅弁

と考えていたので、駅ナカを調べたのですがなかなか見つかりません。
時間も迫ってきたので、泣きついたところはここ。

101館山.jpg


 JR東日本が運営しているコンビニ『NewDays』でお弁当をゲット。
ホームに向かいます。
102館山.jpg

横浜駅の横須賀線ホームです。ここは後から増築をしたのかホームにゆとりがあります


103館山.jpg


ホームで待つこと暫し。定刻通りに電車がやってきました。
104館山.jpg

これに乗って、千葉まで行きます。


今回も奮発をしてGreen車に乗車します

105館山.jpg


座席に着いたら、お昼ご飯にします
106館山.jpg

今回は走らないので、昼間っから“黄金の泡”を頂きます


横須賀線や総武線は普段乗ることがないので、車窓にかぶりつきです。
107館山.jpg

同じ車両がたくさん止まっていました。駅名がわからないのが残念。


約一時間ほどの乗車で千葉駅に到着。
108館山.jpg

初千葉駅だったのですが、現在改修工事中でホームや駅ナカは迷路状態でした


ここから内房線に乗り換えます。
109館山.jpg


漠然と湘南型電車を想像していたのですが、やってきたのは209系の電車でした。
110館山.jpg


 209系となると車内は...
111館山.jpg


 やはりロングシートでした。千葉から館山まで約1時間40分。ボックスシートだとばかり思っていました
 車内は空いていたのですが、ロングシートだと車外の写真を撮るのにちょっと憚れるかなぁ
112館山.jpg

それでも木更津駅は取ることが出来ました


頑張って外を覗いていましたが、いつの間にか寝てしまっていました
気がついたときには『どうしても撮影したかった』ポイントの直前でした。
 それはここ!!
113館山.jpg

114館山.jpg


安房勝山駅


です。
 ここは自分が走り始めてから毎年訪れている きょなんヒルズマラソン の大会会場の最寄り駅なんです。
 特に去年は大会終了後、後泊をして朝この駅までJOGをした思い出の駅。(その模様は こちらをどうぞ)

安房勝山駅を発車して暫く行くと、きょなんヒルズマラソンの大会会場「勝山学園」が車窓に現れました。
115館山.jpg


 今年もあの『修験僧』が修行をするようなコースを走ることになりそうです
(去年のきょなんヒルズマラソンの様子はこちらをどうぞ)


安房勝山を過ぎると館山はすぐです。16:02 予定通り館山駅に到着しました。
117館山.jpg

館山駅の改札を出たところから安房鴨川方面を望みます


ここからは前夜祭会場に向かいます。
駅で用を足して、シャトルバスが出る西口に向かうと...
118館山.jpg


 電車が到着したばかりだったので、長蛇の列でした。
しばらく待って、シャトルバスに乗り込みます。バスに乗ること10数分。前夜祭が開催される南総文化ホールに到着しました。
119館山.jpg

120館山.jpg


 まずは受付です。会場内は動線はしっかり確保されているので人数が多い割に歩きやすいです。
121館山.jpg

受付カウンターが舞台の上とは、ちょっと驚きました。


 受付が終わった後、前夜祭会場に向かいます。大きなホールに入ります。
122館山.jpg


 その中にいらっしゃったのは...
123館山.jpg

コンデジの最高望遠で撮影しました。


 金哲彦さんです
館山若潮マラソンの攻略についてスライドを使って説明をされています。『来年のため』に自分もしっかり耳を傾けます

 金さんの講演が終わった後、太鼓や抽選会があり18:00過ぎに前夜祭はお開き。
駅までのシャトルバスがかなり並んでいるので「宿まで歩こうかなぁ」歩き始めると会場のすぐ前にスーパーマーケット(ODAYAさん)を発見
 ここで今日の夕食と明日の朝ご飯をゲット!買い物が終わったので、一端会場に戻ってみるとシャトルバスが停まっていたので、館山駅まで移動。
 ここから今日の宿まで歩いて移動します。
125館山.jpg

駅から宿に移動途中、安房鴨川方面から館山駅に向かう電車と遭遇。


 ホテルにチェックインして独り夕食独り宴会で夜は更けていきました。
126館山.jpg

127館山.jpg


2016/02/04 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

第36回館山若潮マラソンに行ってきました〜〜^^(事の成り行き編)

 年末年始の出来事について、時系列的にまとめてみます。

 去年12月23日
足立フレンドリーマラソン(ハーフ)に参戦。その時大きな違和感はまったくありませんでした。

 そして新年1月4日
月末の館山若潮マラソン(フル)を考えてトレーニングを開始。フルでのペースぐらいで走っていて17kmを過ぎた時に、以前から痛めていた左股関節に違和感がありました。ただ大きな痛みというのではなかったのでそのまま走ります。そしてその違和感が、薄くなったと感じたときの19km過ぎ。突然大きな痛みを感じました。
 それまでのような『違和感』ではなく、大きな『痛み』です。接骨院の先生から「痛みが出たら走ってはダメだよ」と言われていました。『どうしようかなぁ?』と考えている間に走ることが出来ないくらいの痛みになり、強制停止
 いままで走り始めて約2年。大会やトレーニング中にこんなことになったのは初めてです
 戸惑いながらもストレッチをしたり給水をすること暫し。痛みが引いてきたので、歩き始めます。そして頃合いをみてゆっくりとJOG。『今日はこのくらいにしておこう』と思い始めて2kmほどJOGをすると今度は、左太ももの裏側が突然痙り始めます。それは右脚の太もも、ふくらはぎと伝染。JOGどころか歩くこともままならない状態
 トレーニング中にこれほどのことが立て続けに起こるのは「尋常ではない!」残り3kmは歩いて帰りました(トレーニング中に歩いて帰るなんて初めての経験です)。

001館山1月4日のペース図.JPG

1月4日(月)のデータです。心拍数と脚の痛みは関係なさそうです。



 これでちょっとビビってしまったので、練習はしばらく自粛。
 1月17日(日)開催のフロストバイトロードレース前日に軽くJOG。問題なかったので参戦。見事に散って敗戦

 そして館山若潮マラソンまで一週間と迫った1月23日(土)
トレーニングで走り始めて10km程行ったとき、やはり左股関節に違和感を感じます。念のためにストレッチをします。その後再び走り始めて1月4日と同じ事が起こり18kmほど行ったとき。今度は左股関節からお尻の筋肉の裏側辺りに痛みを感じます。
 その後騙し騙し走りましたが、何度か強制停止。
『ここは無理できない』と判断してトレーニングを終了しました。この時

『フル走りきれるのか?』


という不安に駆られます。
002館山1月23日のペース図.JPG

1月23日(土)のデータです。何カ所かで強制停止をしています。



 大会までの残り一週間は、接骨院に通い詰め。
接骨院での施術と、入浴後に教えて頂いたストレッチを実施(ほとんど付け焼き刃状態)。普段自宅でのストレッチはやらないのですが、今そんなことは言っていられません。
 そして大会三日前の1月29日(金)
接骨院での担当医であり、最近は専属『トレーナー』も兼任(?)して頂いているN丸先生と相談。
 先生の見立ては
『完走だけを考えて、ゆっくり走れば出来ないことはない。
ただ相当のダメージが残ると考えられるので、
(大会参戦後)相当の期間走ることが出来なくなることを覚悟して欲しい』

と言われました。

 このようなシチュエーションは今までも経験してきて、大体は強制出場。成果は様々でした。
 しかしながらおっちゃんも、今年で50代も半ば。無理をしていい年齢ではないことは十分わかっています。
またフルマラソンの距離はごまかしがきかない距離でもあります。

 走り始めて約2年。初めてのDNS(Did Not Start)という決断をしました。

2016/02/03 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする