2016年12月26日

第7回足立フレンドリーマラソンに参戦しました〜〜^^(足立始末記2016編)

501.jpg


2016年最後の大会を振りかえります


◆コース
 今回走ったコースはこんな感じです
502.JPG


 荒川の河川敷です。
とてもたくさんの橋を通過しました。コース上だけでも12基の橋を見ました。

 東京の地理が不案内なのですが、特に東側はほとんどわかっていません。今回のコースを俯瞰で見るとこんな感じです。
503.JPG


 コースは東京の中心地(おっちゃんの場合は東京駅を指しています)より東を走っていると思っていたのですが、実際は北側だったんですね。


◆タイム
 おっちゃんのGPS測定器のデータから各ラップはこんな感じです。
507.JPG

508.JPG



◆高低差
 GPS測定器からのデーターをグラフ化するとこうなります。
504.JPG


 河川敷を走ったのでコースの高低差はほとんどありません
ただそれだけに、13.4kmあたりと18.9kmあたりで登った土手のデータがちょっと目立ってますね。


◆ペース
 高低差のデータにペースを追加するとこうなります。
505.JPG


 16km過ぎでペースが大きく凹んでいます。これは第二折返し地点を通過したためだと思われます。

 また高低差グラフの二つ目のコブ。19km付近では上りに対して脚がついて行かなくてペースが落ちていきます。その後下りなのでそれに乗じてペースを上げようと頑張ったのですが、脚が売り切れ寸前なのでジリジリとペースが落ちる、ということがよく表されています。


◆心拍数
 同様に心拍数のデータを追加します。
506.JPG


 5kmから13kmくらいまでは。心拍数を上げずに頑張ることが出来たのようです。ただそれ以降がペースを一定に保とうとすると心拍が上がる、つまり無理を始めているようです
 特に二つ目のコブ以降は、心拍数が一段アップしています。かなり無理をしていることが明らかです


◆考察
 さて今回の大会は去年も走って、二年連続の参戦です。
スタート前のモチベーションや思い入れがかなり違うのですが、ちょっとデータ比較してみます。

 まずラップタイムの比較です。
510.JPG


 今回のデータ(第7回大会)の1kmごとのLAPの右隣の項目は前回(第6回大会)との比較を表しています。
 前回に比べて今回のラップが下回ったLAPは"▼"がついています。

 するとビックリしたことに。
前半8kmまでは、前回を上回るLAPで飛ばし、8km以降は一度も上回ることなくLAPが落ちています。
 自分の中では意識していなかったのですが、

『前半飛ばしすぎて、後半失速』


の典型的なペースだったようです。
 自分の走力に自信がないおっちゃんは、「前半ゆっくりで、後半頑張る」パターンが多いのです。今回のような『前半突っ込み型』のペース配分は珍しいです(本人は意識していません)
このデーターをグラフ化すると次のようになります。
509.JPG

横軸は距離。縦軸はペースで上に行くほど速いペースです。


 3km〜5kmでは、去年より10秒近く速く走ってしまいました。そのツケが後半にあらわれ、ゴール寸前のLAPでは30秒近く去年より悪いデータです。

 トレーニング不足を絵に描いたような、LAPデータになってしまいました


◆頂き物
 この足立フレンドリーマラソンは、参加賞が豪華なのです。
今年はどんなモノでしょうか!
512.jpg


中を確認すると
513.jpg

(513)

 ニットキャップとネックウォーマーです。こちらが前のようです。裏は、
514.jpg


 デザインは微妙ですが、モノは良さそうです。早速通常使用させて頂いています〜〜^^

去年は一点だったのですが、今年はもう一つ。
515.jpg


 パック御飯です。おっちゃんがガキの頃のパック御飯は×でしたが、最近のは美味しいですね
 早朝ランや大会出場の朝などに頂くことにします。

◆最後に
 今年の河川敷レースはこの大会だけでした。
起伏が少なく、タイムを思いっきり狙って走る河川敷レースは嫌いではありません。
 ただ記録を狙うには、それなりの準備が必要ですね(当たり前です)

大会運営の皆さん、ボランティアの皆さん今年も楽しく走らせて頂きました。
前日夜の大雨に対して、当日朝の準備は大変なことだったと思われます。
来年はしっかりトレーニングして大会に臨みたいと思います。
ありがとうございました

516.jpg


2017/01/16 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(4) | RUNNING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

第7回足立フレンドリーマラソンに参戦しました〜〜^^(戦いすんで編)

401.jpg

走りきりました


 誰かと競り合いになるということではなく、フィニッシュしたと感じました。その割にはゴール後はゼイゼイ状態です。
 息が上がってしまって、歩くことも厳しい状態です。こんな状態で何を考えていたかというと...

『今回は転ばずに走り終えた』


 普通の方々には当たり前のことなんですが、ここのところ転倒が多いおっちゃんにとって、そんな当たり前のことが出来たことに喜びを感じてしまいました

 少し息が整い始めたので、他のランナーさんの流れに乗ります。
402.jpg

おっちゃんがゴールしたときの画像ではありませんが、ゴール付近はこんな感じでした。


 ちょっと並んだんですが、ドリンクを頂きました。
去年は寒かったのでホットドリンクを頂いたのですが、今年は冷たい方です。(因みにホットの用意もありました)
 ちょっと離れたところに記録証の発行所があります。去年混んでいたのでいたので着替えをしたあとに受け取った記憶がありますが、今年は空いているようです。ほとんどロスタイムなしで受け取ることが出来ました。

 本当ならゆっくりしたところなのですが、今日は夜から仕事がらみの寄り合いがあります。絶対に遅刻が出来ないのであまりノンビリすることが出来ません。
 預けた荷物を受け取って『さぁ、何処で着替えをしようかな』と思ったら朝ベースキャンプとしたところが空いていました。
403.jpg

朝とほぼ同じ場所を確保できました。


 上の画像からもおわかりの通りここは座ることが出来ません。ただ下手に座ってしまうと“あいつ”の襲撃をくらいそうなので、立っている方が良さそうです

 着替えをしながら隣のおじさんとお話をしました。第一回からこの大会に出場されているそうですが、こんなに暑くなったのは初めてなんだそうです。

 おっちゃんは汗をぬぐいながらも時間⏰が気になります。適当に着替えて、早々にベースキャンプを後にします。
時間が気になるとは言え、参加賞は忘れずに受け取りに行きます
これで朝起きたときの目的を果たすことが出来ました

 参加賞を受け取ったので帰宅の途につきます。フィニッシュゲートの近くでは、ランナーさんが戻ってきています
404.jpg


 それにしても、見事に晴れ上がりました。
405.jpg


土手まで上がって最後にもう一度、大会会場を眺めて帰宅の途につくことにします。
406.jpg



 さてネットで帰りの電車検索をすると、約7分後に来る電車に乗るとスムーズに帰宅できそうです。
 時間に余裕のないおっちゃんは、痛い足を引きずるようにして早歩きで五反野の駅を目指します。
 途中“あいつ”が出てきそうになるのを押さえつつ、予定の1分前に駅に到着。ところが...

 いくら待っても電車が来ません。しばらくすると構内アナウンスがあり、近くの駅で車内トラブルがあったらしいです。

『これは群馬藤岡の再来か?』


結局、早歩きは報われず遅れてやってきた電車に乗って帰宅となりました
407.jpg

五反野駅を出た電車から、会場方面の景色です


 とはいえその後の乗り継ぎはまずまずで、座席もゲットできました。
座席に腰掛けるとフィニッシュしてからまったく座っていなかったこと。脚がかなり疲れていたこと。などで座った瞬間に

爆睡💤💤💤


 そして何分か経ったとき...

『グッ..グググゥ!!』


空腹で目が覚めました
朝御飯を食べてから、何も食べていません(朝食から7時間以上経っています)。さすがにお腹が減りました

 何もなければ、どこかで独り飲み、なんていうのも良いものです。ただこれから仕事がらみの寄り合いがあります。
 仕方がないので、帰宅途中の乗換駅でお蕎麦を食べることにしました。
408.jpg

去年も同じように帰宅途中お蕎麦を食べたような気がします


 ここのおそば屋さんは、以前缶ビールを置いていたなので『一本だけ』と思っていたら...缶ビールは扱わなくなってしまったそうで、ささやかな楽しみは成就できませんでした

 仕方なくお蕎麦“だけ”を早々に食べて帰宅。シャワーを浴びると慌ただしく着替えをして出発。
 寄り合いには集合時間5分前に滑り込みでなんとか間に合いました。
409.jpg

集合場所近くで撮影しました。
今年後半は東京タワーの画像をたくさん撮ったような気がします


2017/01/12 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(2) | RUNNING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

第7回足立フレンドリーマラソンに参戦しました〜〜^^(ヘロヘロの後半編)

301.JPG

後半はこんな感じで走っています


◆10km〜15km
 10kmポストを通過すると、スタート地点が近づいてきて『戻ってきた』という感じがします
そして約11km付近。Finish地点を通過しました。コースは一端Finish地点を通過してさらに下流まで走り、第二折返しポイントでUターンして戻ってきます。
 おっちゃんがFinish地点を通過しているときは、10kmのランナーさんがゴールしていました。その声援がスゴいです。そこを通過して荒川をさらに下流に向かって走ります。

 12km付近。軽トラックにスピーカーを付けたおじさんが声援を送っています。

『スカイツリーが真横に見えたら、折返しだよ』


 この応援は覚えています
去年も同じ応援をしてくれたおじさんです。この表現はとても的確で去年の第二折返しの時

『確かにスカイツリーが真横だ


と思ったのを思い出しました。

 そして今年はもう一つ声援が増えています

『今日は折り返してから、向かい風になるから体力温存で走れ』


 このおじさんの声援なら素直に聞こうという気になります
そしてこのおじさんの声援が聞こえなくなりかけたとき

『ナイスおっさん!』


 今度は女性の方に声をかけられました。その方はおっTはお召しになっていません。比較的最近おっさんランナーさんのブログを見るようになったらしく、残念ながらおっTは購入できなかったそうです。お名前を伺ったのですが『コメントは入れてないので』ということでした。「Twitterでつぶやいてくださいネ」とお願いをしておきました。第一折返し地点でおっちゃんを見たらしく、ペースを上げてお声がけくださったそうです。
 おっちゃんはおっさんランナーさんのブログの単なる一読者に過ぎないのに、このようなお声がけを頂いてとても嬉しい気持ちになりました

 13kmのポストを過ぎた辺りで、このコース唯一の上り箇所です。水門の関係だと思うのですが、河川敷のコースは一端切れて土手を戻るような方向(Zの字を描くように)で登ります。3mほど上った後に緩やかに下ります。
303.JPG


 往路のこの辺りが、ひとつのポイントになるような気がします。そこまで脚が残っているかぁ、なんて思いながら走ります。


・10km〜15kmのタイム 23分52秒(平均 4分46秒/km)

◆15km〜20km
 14kmのポストを過ぎた辺りでおっちゃんは、進行方向左の土手に注目します。スタート地点まで応援に駆けつけてくださったろっしさんが「この辺りで応援しているよ」と仰っていたポイントだからです👀👀👀
 すると15kmポストを過ぎたところに、同じ赤いおっTを来たろっしさんを発見
 ろっしさんも気がついてくれたようで、元気を頂きました

 第二折返し地点は16km過ぎです。今度は反対車線に注目。折り返してきたランナーとすれ違います。
15.5km付近でドングリさんと三回目の遭遇。おっちゃんよりも足取りが軽そうです

16.2km付近第二折返し地点。確かにスカイツリーが真横に来ていることを確認しました〜〜^^
302.JPG

確かに真横まで来ました


 そして折り返した瞬間

思いっきり向かい風


に遭遇します。
 ここまで大して練習もしていないのに、そこそこのペースで走ることが出来たのは風に背中を押されていたからだったんです。
 そのツケが一気に襲ってきました。前をまともに見ることが出来ない感覚です。

 17kmすぎ。ろっしさんに三度遭遇。午後用事があるはずのろっしさん。ここまで応援して頂き、本当にありがとうございます

 そしてろっしさんと別れたあとのおっちゃんはかなり苦戦します。向かい風と共に脚がかなり疲れた感じがします。
 そんな中18.8km付近。今回のコースで唯一の勾配区間に入ります。往路を走っているときはここの下りを利用してペースアップが出来ると良いなぁ、と考えていましたが今そこまで脚が残っていません
 また5kmごとに取っていた芍薬葛根湯の威力もむなしく、この辺りから“あいつ”が顔を出し始めました。

『トリプルパンチかよ!?』


とボヤキ始めます。向かい風疲れ、そして“あいつ”の出現。
かなりヤバイ感じです

・15km〜20kmのタイム 23分49秒(平均 4分46秒/km)


◆20km〜Finishのタイム 9分12秒
 19kmぐらいからは、残りの距離を指折り数える感覚です。“あいつ”がちょこちょこ顔を出して、すこし右脚を引きずる感覚になっています
 これ以上ペースを上げると“あいつ”の大暴走が始まりそうです。そのため何人ものランナーに抜かれました。おっちゃん的には20km過ぎたら残った力を全部投入、という気持ちだったのですが、今のペースを維持するのが精一杯です

 20kmを過ぎるとFinishゲートが見えてきます。大会MCの声援も聞こえます。ただおっちゃんはこの時、既にあっぷあっぷでした。
 練習していないから当然なのですが、スパートできないことへの後悔だけで走っています。

『次はちゃんと練習するので
ここは無事にゴールさせてください』

と祈りながらフィニッシュゲートを目指します。
 気がついたらFinishゲートを通過していました。

・20km〜Finishのタイム 9分12秒

2017/01/11 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | RUNNING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする