2017年01月27日

第37回館山若潮マラソンに参戦しました〜〜^^(前夜祭編)

101.JPG


◆出発当日(大会前日)になりました
 移動する前日の金曜日、仕事が終わって帰宅後に急いで荷造りをします。
昔から比べれば慣れてきましたが、それでも忘れ物があるのではないかと思い今でもドキドキします。

 当日は普段より少しだけゆっくり起床。普通通りに朝食を済ませ10:00に自宅を出発します。
 それまでが比較的寒かったので厚着をしていたのですが、外は思っていたより暖かいです


◆館山までどうやって移動する?
 さて館山までのルートですが、去年は横須賀線で千葉へ。千葉から内房線で館山と『オール鉄道』での移動としました。
 『鉄』の血を引くおっちゃんとしてこれはこれで楽しいのですが、同じルートでは芸がありません。

 無難なのは横浜or川崎からバスで木更津に上陸。そこから内房線というルートです。
 ところがこのルートには思わぬ難点がありました。それは

バスの予約が出来ない


 レースの前日なのでそれほど混むとは思えません。ただ万が一バスに乗れなかった場合、そこからJRに乗り換えていくのはちょっとリスキーです。

 そこで思い出したのが

船 の 旅


 去年12月に鋸山トレールに参戦した際に利用した東京湾フェリーです。
これならば満員で乗れないという可能性はきわめて低いし、実は一番リーズナブルに移動出来ます。
 金谷港に到着して、JR内房線の浜金谷駅で40分ほど待ちますが、このあたりで昼食を取れば美味しいものを食べることが出来そうです
 そしてJR内房線に40分ほど揺られて館山に14:00過ぎに到着。駅前にある宿はチェックインが出来なくても荷物は預かって頂けることは確認済みです。

 それからノンビリ、前日受付+前夜祭に参戦。

と、こんな作戦を考えていました。


◆電車に乗ります
 最寄り駅まで歩いて10分少々。
 予定の電車に乗り込みます。土曜日お昼前の電車は空いています。
そして背中に日差しを感じてついウトウト💤💤💤...

 乗換駅で思わず乗り過ごしそうになりました その程度の『小ネタ』を作りながら乗換駅へ。
102.jpg



 普段はあまり乗る機会のない京浜急行線に乗り込みます。
103.jpg

画像は乗り換えをした大岡山駅での撮影しました。



◆思わぬ申し込みがありました。
 そして京浜急行線に20分ほど乗った時に、ハービーさんからLINEに連絡が入ります。

『一緒に前日登録をしましょう


 木更津にお住まいのハービーさんが金谷港まで迎えに来て頂き、そのまま前夜祭の会場まで車で移動をして頂ける、という連絡です。
 ハービーさん。せっかくのお休みなのに申し訳ないです。でもおかげで助かりました

ハービーさんとの連絡が一段落ついた頃、電車は京急久里浜駅に到着しました。
104.jpg


 駅から久里浜港まではバスで移動です。といっても一ヶ月前に利用したばかりなので余裕があります。
105.jpg

最前列の座席で行き先表示板を撮影していたら、おっちゃんも映り込んでいました


 バスに揺られて10分ほどで久里浜港に到着した。
106.jpg



◆久しぶりの船です〜〜^^
 切符を買って船の中に乗り込みます。
107.jpg


 フェリーにもリスクはあったんです。会場の風速が18m以上になるとフェリーは休航します。ところが当日はそんな心配は一切なく、とてもいい天気です。
108.jpg

まだ出航前ですが、遙か先には房総半島がしっかり見えています


そして定時11:55。船は久里浜港を出港しました。
109.jpg


 土曜日の午前中は、観光客が多いかな?と心配していましたが、実際にはこんな感じ。
110.jpg


 船内はゆったりモードで、楽々移動です。風がないので、本当に楽ちんな旅モードです。
111.jpg


 そして、金谷港に近づいた時に、いろんなモノを発見します。それは12月に走った鋸山トレールの風景を海から見たモノです
112.jpg

スタート直後に走ったループ橋です。

113.jpg

フィニッシュ地点です。


 そして定刻12:55。金谷港に到着しました。
114.jpg



◆ハービーさんとの男二人旅です
 連絡の渡り廊下を渡った先にいらっしゃったのは、
115.jpg


ハービーさんが待ってくれていました。
119.jpg

ハービーさんの愛車で移動開始です


 早速ハービーさんの車で金谷港から館山に向かって移動します。
今までのハービーさんの館山での参戦情報を聞きながら天気のいい内房の道を南下します。
116.jpg


 乗り始めて45分。明日の大会会場前を通過します。
117.jpg


そして明日お世話になる若潮マンさんがセッティングして下さった味城苑さんです。
118.jpg


 その後まずは本日お世話になる宿にチェックインします。
120.jpg



◆ショックな出来事発生
 ここでショックな“計算違い”が発生。
今回の宿泊費はアクアラインマラソン2016に参戦したときに大会本部から頂いた千葉県内で使える(と思っていた)宿泊券の補填を考えていました。

 ところが...
この宿泊券は“宿泊場所が限定”されており、今回おっちゃんがお世話になった宿は【対象外】でした(>_<)
 最悪のことを考えていたので、お金が足らなくなることはありませんでしたが、ちょっとショックでした


◆食事をして前日受付へ
 チェックインを終えたのが14:00。ここまで何も食べていません。
そこで大会コースが目の前に見える、“渚の駅”近くのファミレスで遅めのランチをします。
121.jpg


 お腹がいっぱいになって、前日受付+前夜祭会場に向かいます。会場は去年と同じ千葉県南総文化ホールです。
122.jpg

123.jpg


 前夜祭20分前に会場入りしたのですが、思っていたより参加者は少なめでした。
124.jpg


 まずは前日受付に行きます。
125.jpg


 ここは去年と同じように、小ホールの舞台を使っていました。
126.jpg


動線が確保されていて、動きやすいです。
127.jpg


なぜかおっちゃんの受付だけ並んでいます。
128.jpg

去年は受付をしてすぐにナンバーカードを返却しましたが、今年は大切に持って帰ります。


 ナンバーカードをいただいたあとは、前夜祭に参加します。


◆前夜祭です
大きなホールに移動です。
129.jpg


 上記の画像は開始5分前のモノですが、思っていたより少ないです。まぁボチボチ増えていくのかな〜〜^^
130.jpg


 ハービーさんと共に、前から5番目ぐらいのかぶりつきの席に着きます

残念ながら画像を撮るのを忘れてしまったのですが、ここで“若潮マン”さんにお目にかかることが出来ました。
 しっかりお話が出来たのですが、画像がなくて残念です

 16:00。予定通り前夜祭がスタートしました。お役人や政治家の長い挨拶が終わったあと、ゲストの紹介でこの方にお目にかかることが出来ました。
131.jpg


 金哲彦さんです。因みに左隣の女性は上田 藍さんです。トライアスリートでオリンピックの日本代表です。
 TVなどで拝見したことはあるのですが、思っていたより小さくてかわいい女性でした。

 前夜祭がスタートして40分ほどたった時、金哲彦氏主催の
「館山若潮マラソン大会 レース攻略セミナー」

が始まりました。
132.jpg


 各ポイントの画像を踏まえてコース紹介から始まって、コース攻略のお話でした。

 その内容を攻略要約すると
『前半の20kmは絶対に飛ばすな!』


と受け止めました

 ペースメーカーの紹介もありました。
133.jpg


 ペースメータの方は3時間から15分おきにいらっしゃいます。こんな細かくペースメーカーの設定をしている大会は珍しく感じました。

 トークショーが終わったあとは、地元の太鼓がお披露目されました。舞台に近かったこともあり大迫力でした。
134.jpg


 このあとはお楽しみ抽選会です。
140.jpg


 若潮マンさん曰く『かなりの高い確率で当たりますよ』と言うことでしたが、ハービーさん、おっちゃんともにかすることなく撃沈でした




 さて夜も遅くなり、ハービーさんは一旦帰宅されるので、館山の駅でお別れしました。
135.jpg



◆誰もいない駅で...
 ハービーさんと別れたあと、晩ご飯の買い出しをします。お店はJR館山駅の反対側にあるので駅ナカを移動します。その駅の改札前で見つけたモノは...
136.jpg


『鉄心』をわしづかみにされました。ここでのアップは上の画像一枚にしましたが、実際には数十枚撮影で30分近く誰もいない駅にいました


◆明日に備えます
 駅近くのコンビニで晩ご飯を調達して宿に戻ります。この日のお宿はこんな感じです。
137.jpg


ここで簡単な晩ご飯にしました。
138.jpg


明日の準備をして、早めの就寝することにします。
長い一日が終わりました。でも明日はもっと凄いことが待っているような気がします

139.jpg


2017/02/16 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(6) | RUNNING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする