2017年08月31日

第31回北海道マラソン2017に参戦しました〜〜^^(北海道始末記2017編)

701.jpg


今回の北海道マラソン2017を振りかえってみます


◆実走コース
 今回おっちゃんが走った北海道マラソンの実走マップです。
702.JPG


もう少し俯瞰で見るとこんな感じです
703.JPG

折返し地点はもう少し行くと日本海に出ることが出来るところですね。



◆実走高低差
 GARMINのデータから、実走の高低差はこんな感じです。
704.JPG


 前半5kmを頂点に若干の上りがあるくらいです。あと終盤が若干ですが上り基調になっています。しかしながら体感的にはまったく感じませんでした。
 コース全体の累積標高も92mと100mを切っています


◆気温
 大会当日の気温データを気象庁のデータベースからDLして、グラフにしてみました。青い線が2016年、オレンジが今年のグラフです。
705.JPG


 これを見ると今年の方が、朝からかなり気温が高かったことがわかります。そして12:00に急に温度が下がっているのは、それまで晴天だった空に雲が出始めたからだと思います。
 おっちゃん的には終盤で、去年以上に気温が上昇しなかったのはラッキーでした。


◆実走データ
 5kmごとの実走データです。これは大会HPの応援Naviからのデータです。
706.jpg

スタートのロスタイムは2分でした。



◆結果の検討
 去年2016年度のデータと比較をして考えてみたいと思います。
 1kmごとのペースをおっちゃんのGARMINデータからグラフ化してみました。
707.JPG


 これを見ると
前半の折返しくらいまでは、去年と今年では大きな差はないようです。因みに9〜10kmくらいで大きく値が違っているのは、この区間はトンネルでした。トンネル内はGPS衛星をロストしてしまうので、データーに齟齬をきたしたようです。

また同様に31km、36km付近で共にペースが落ちていますが、これは給水所やエイドでの問題だと思います。

心拍数についても比較をしてみます。
709.JPG

去年の方が心拍数は綺麗な上昇を示してます。
このまま最後まで走り切れたら、いい成績を残すことが出来たかもしれません。


708.JPG

今年は13,17,23,30km付近で心拍数が急激に上がっています。原因が思い当たらないのが残念です。


 値はほぼ同じようですが、2016年が40kmを過ぎて降下しています。これは脚が売り切れてしまい心拍をあげることが出来なくなったためだと思います。

 それに比べて今年は最後まであげることが出来ました。


 総論ですが、去年と今年の違いは“あいつ”だと思います。(“あいつ”とは、おっちゃんのレース後半にあらわれる『こむら返り』(痙攣)のことです)

 去年は35kmくらいから“あいつ”が現れて、最後は足を引きずるくらいでした。ところが今年は“あいつ”が姿を現さず、芍薬甘草湯のお世話になりませんでした。
 “あいつ”の事に気を捕らわれることなく最後まで走ることが出来たのが、ラッキーな出来事で去年との大きな違いだと思っています。


◆頂き物
参加賞Tシャツ
715.jpg

星の数は開催数を表しているようです


716.jpg

裏です。個人的には去年より今年の方が好きです


 完走メダルメダルです。去年は北海道の地形をデザイン化したモノでしたが、今年はオーソドックスな丸形です。
710.jpg

表です。ちょと地味に見えますが、シンプルでカッコいいです。


711.jpg

裏です。日付が入っています。


フィニッシャータオルです。結構大きいです。デザインは去年に似ていると思ったのですが確認するとまったく別物でした。
712.jpg


道新さん(北海道新聞)の号外です。おっちゃんはもらえなかったのですがカミさんがフィニッシュ地点で配っているモノをもらってきました。
713.jpg


◆謝辞
 今回二回目の北海道マラソンでしたが楽しく走らせて頂くとが出来ました。
大会運営スタッフの皆さん。
ボランティアの方々。
沿道で応援して頂いた全ての方にお礼を申し上げます。
ありがとうございました

714.jpg







因みに...
 今年もフィニッシュ地点の定点カメラでおっちゃんのゴールシーンがありました。今年はひっくり返っていないので面白くないです(?)。1分30秒くらいから映っています〜〜^^

2017/09/22 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(4) | 20170827北海道マラソン2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

第31回北海道マラソン2017に参戦しました〜〜^^(その後の北海道ツアー編)

601.jpg


北海道を満喫します


昨日の夜が比較的早く眠ったせいか、早めに目が覚めます。

もう一度シャワーを浴びて、撤収の準備です。ホテルを出発してまずはJR札幌駅を目指します。
602.jpg

北海道の信号って薄いんです。積雪対策でしょうか?


『どうせなら大通公園を通っていこう』と言うことで公園を通ると、大きな機材の撤収が続いていました。
603.jpg

604.jpg

24時間前にここを20000人の人が駆け抜けたと思うと、感慨深いです。


 その後札幌駅で大きな荷物はコインロッカーへ。身軽になったところで、朝食です。
 駅の近くの喫茶店で、モーニングを頂きました。ここで一週間ぶりに珈琲をいただきました。そもそもトイレが近いおっちゃんは、大きな大会の前はカフェイン断ちをします。もっともその効果については疑問が残りますが....(^^ゞ
605.jpg

飲んだときカフェインが体中を駆け巡るような錯覚に陥りました(笑)



 朝食を取った後、かみさんが行きたがっている場所に向かいます。地下鉄に乗って10分少々。南平岸という駅で降りました。繁華街ではなくどちらかというと住宅街に近いところを15分ほど歩くと見つけたのがここ!
606.jpg


HTB(北海道テレビ放送)の社屋です。HTBは『水曜どうでしょう』という北海道ローカルの番組を生み出した放送局です。カミさんがどうしてもここに行ってみたいと言うことで、やってきました。放送局内を見学(エントランスだけです)。
607.jpg

おみくじを引いてみました。


そしてそこから近くの場所に移動しまします。
608.jpg


 水曜どうでしょうのロケをおこなう『近所の公園』(正式には平岸高台公園と言います)にきました。どうでしょう大好き人間にとっては『聖地』といって良いところです。去年一人で来たときは公園内で工事をしていて、フェンスなどがあったのですが今回は全くなし。

 カミさんも『聖地巡礼』でテンションMAX状態です。ひとしきり、写真を撮ったりして楽しい時間を過ごします。
609.jpg


 そして札幌二つ目の目的に地に向かって移動します。
乗ってきた地下鉄に乗って、大通駅で下車。しばらく歩いたところにそれはありました。
610.jpg


アスリートクラブ


です。
 おっちゃんのランニングシューズのアドバイスをしていただいているお店です。本来は一昨年の年末、当時神田にあったお店でシューズのインナーを作ってもらい、その際にランニングのアドバイスを頂きました。その神田のお店が閉店となり、札幌店にその時の情報があることはわかっていました。

 その時に作ったインナーとシューズは走行距離は累積500kmを越えて、アウターの傷みも酷くなってきました。そこで札幌での二つ目の目的は、このアスリートクラブで今の靴の修理をお願いすることと、新しいシューズを一足手に入れることでした。

 お店に行くと昨日の北海道マラソンを走られた方が多数お見えになっていました。しばらく待たされた後店員さんに事情を説明。まずは今までの靴を診てもらいます。専門家レベルで確認をしてもらうとかなり傷んでいる状況で、このままだと後いくらも走れないとのこと。修理をお願いするために靴は預けます。
 
 そして新しい靴を選ぶことにします。昨日のレースの状況を結構詳しく聞かれ最初に出された靴は、とっても軽い靴でした。試しに履いてみるとやはりかなり軽く、その分靴底の厚みもかなり薄い感じです。悪くないのですが、おっちゃんの脚力だと膝などに疲れが来る感じです。
 そこでもう一つ出していただいたのが、今の靴の少し靴底が厚いバージョン。これは良かったですね。履き心地、着地したときの安定感が前の靴に比べて良い感じがしました。
 店員さん曰く、今の靴よりも少し重いけど、安定感はあるから大会当日の脚の具合で履き替えれば良いのではないか。ということで靴は決定。そしてもう一度サイズを測り直してインナーの作成もお願いします。これでおっちゃんは終了。

 続いてカミさんです。
彼女はテニスで左十字靱帯を痛めて、歩くのも厳しい状態でしたが最近はリハビリを頑張っているおかげでかなり良くなってきました。
 そして先日PTの先生から少しくらいの軽いジョギングならOKを頂くことが出来ました。
いまの彼女の目的であるフルマラソン完走は遙かまだ先ですが、その一歩を踏み出すことが出来たのはとても嬉しいことです。
 そこでその事情も説明をして、彼女のジョギング用シューズをインナーも含めて作成することにしました。
 お店の人に相談をすると、それならウォーキング用の靴を作って普段歩くときはそれを使用して、ジョギングもこれでおこなうのが良いだろう、ということになりました。

 サイズを測って足形を取ります。
611.jpg


 足形はかなり細身であることがわかりました。一般的な日本人の足形から外れていると言うことで、靴選びが限定されたのですが、そんな足形から勧められた靴は外国製のトレッキングシューズ。
 かなり派手なそのトレッキングシューズ(メーカーを控えるのを忘れました。残念)は、おっちゃん的には悪くないです。
 ただ普段履く靴としては微妙なところです。もう一つ選んでいただいたのはオーソドックスなウォーキングシューズ。散々悩みましたが、買っても使わなければ意味がないので大人しい方を選択。
 おっちゃん的にはトレランシューズも捨てがたかったです(笑)。結局二時間近くお店にいました。

 その後は、列車に乗って函館に移動。
612.jpg

613.JPG

ランチはお弁当になりました。これはこれで美味しかったです。

614.JPG

もちろんこいつも忘れていません(笑)


夕食は函館駅近くの、ろばた焼きのお店に入って、海の幸を堪能。
615.JPG

616.JPG

どれもとっても美味しかったけど、このイカは最高に美味しかったです

617.JPG

二次会にも行っちゃいました


次の日は早朝Jアラートでたたき起こされるハプニングあり(笑)
618.jpg

早朝から人騒がせでした


朝ご飯は函館の朝市でしっかり定食を頂きます。
619.jpg

620.jpg


その後、五稜郭で観光
621.jpg

622.jpg

五稜郭やその中の箱館奉行所。見所沢山でとても良かったです。


 昼ご飯は、函館では超有名一度食べてみたかったラッキーピエロで取ることが出来ました。
623.jpg

624.jpg

函館バーガーの老舗であるラッキーピエロは、美味しかったです

625.jpg

もちろんこれも忘れてはいません(笑)


早めにホテルに入って温泉三昧
626.jpg

ホテルから函館山が見えてその奥はうっすらと青森が見えます


次の日は、赤れんが倉庫街と絵に描いたような観光をして夏の一時を満喫しました
627.jpg

ホテルの朝食も美味しく頂きました。

628.jpg

三日間を通じて函館の移動は路面電車でした。

631.jpg

629.jpg

函館最後の食事もラーメンでしめました(笑)


 夕方の飛行機で、函館を後にしました。
630.jpg



 前半は北海道マラソンで頑張ったのに、後半は食べて、飲んでばかりの旅になりました。
 結局のところ...

“太って帰る”


となりました
2017/09/21 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 20170827北海道マラソン2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

第31回北海道マラソン2017に参戦しました〜〜^^(戦いすんで編)

501.jpg


走りきりました


 フィニッシュ近くは凄い人混みでした。
かなり息が上がってしまい少し咳き込むほどですが、今年は転ぶことなくフィニッシュできました

 人混みの中路上を流されるまま歩いていると、完走メダルを頂けました。続いてフィニッシャータオルを掛けてもらいます。
502.jpg

フィニッシュ後の動線はこんな感じです。


 普段のおっちゃんなら『どうせならあの娘にかけてもらおう』などと邪な考えが浮かぶのですが、今回はまったくなし。どんな娘にかけてもらったかすら覚えていないほどです。
その後Uターンして大通公園内に入るとペットボトルのお水を頂けました。
 喉が乾いているという感覚はなかったのですが、お水を一気飲みすると、今度は汗が噴き出ます💦💦💦。

 流れるまま歩いているとICダグの返却所へ。いつもなら自分で外して手渡すのですが、今回ははずして貰いました。
 その後流れに任せて歩くと、アイシングコーナーがあり、かち割りの氷を配っています。
503.jpg


 おっちゃんも一つもらって首筋に当てるといい感じです。去年はこのアイシングコーナーは気がつきませんでした。おっちゃん的にはとても良い感じですが、これだけのかち割り氷を用意するスタッフの方は大変な苦労だと思います。有り難いです
504.jpg

わかりにくいですが、奥にシートにかぶせた氷がいっぱいありました。


 そしていただいた水を飲み干すと、完走証をいただけるコーナです。ここのテントに入る前に少し並びましたが、テント内には沢山の端末があってほとんど待つことなく記録証を頂けました。
505.jpg

画像だと長蛇の列のように見えますが、実際はかなり流れています


 さてここまでが参加ランナーのみの動線です。ここからはフリーなので、まずはカミさんと連絡を取らなくては、とスマホを手にした瞬間

『お疲れ様


 と声をかけられました。
そこにカミさんがいました。彼女はICダグの返却所あたりからおっちゃんに気がついていたようなのですが、おっちゃんがまったく気づかないので、ここで待っていてくれたようです。

 これで会場を後にすることにします。
ただ喉の渇きが癒やせないので、コンビニで炭酸水を買ってもらい飲みながらホテルを目指します。その間中、カミさんから途中の応援がどれほど大変でどれほど歩いたか、をしっかり聞かされました(笑)。

 会場から10分ほど歩いてホテルに到着。早速シャワーを浴びて人心地つきます。すると彼女が、汗まみれのシャツを見て『このまま自宅までこの荷物を持っていきたくない』と手洗いの洗濯をはじめました。

 おっちゃんは彼女に許可を得て、少し眠ることにしました。昨日の夜もしっかり寝たつもりでしたが、大会が終わった安堵感でしょうか、二時間ほど熟睡をしました。
 そして自分のお腹が鳴った音で目が覚めます。よく考えたら朝スタート前に御飯を食べた後、エイドでバナナやバームクーヘンをつまんだだけなので、お腹が減ってきました。

 ちょっと早いですが、食事にします。本当はお寿司を食べに行こうと思ったのですが、とても混んでいたので断念。

 昨日見つけた居酒屋に行きます。
506.jpg

昨日のうちにチェックしておきました(笑)


そこで祝杯を挙げて、食事です。
507.jpg


 一週間禁酒した後のビールは最高の味でした。ただ疲れているのか、普段より酔いが回るのが早いような気がします。
508.jpg

509.jpg

頂いたものの一部です。どれも美味でした。


510.jpg

お酒の品揃えも抜群です


カミさんも応援でかなり歩き回ったようで、疲れた、ということで今宵は一次会で終了。
511.jpg

酔った感、満載で札幌の街を歩いていました。


ホテルに帰る道中でコンビニでワインと缶ビールを買って、ホテルで軽い二次会。
512.jpg

ホテルの茶碗で軽く二次会をしました。


気がつくとベッドで寝ていました。

2017/09/20 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(2) | 20170827北海道マラソン2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする