2017年08月12日

山手線一周マラニックの旅に参戦しました〜〜^^(池袋〜大崎編)

070.jpg


時刻は丑三つ時になりました


◎池袋から渋谷へ
 既に深夜の一時近いというのに、駅の前は若者で一杯です。
022.jpg

直接若者達を撮影すると絡まれそうなのでやめました(^^ゞ


 おっちゃん達も走り始めて二時間。しっかり休憩をしていないので

『どこかで休憩しよう』


と言うことになりました。そこで駅から少し離れた所にあったコンビニで休憩。
 すると....

ここは見覚えがある


 池袋に知っている所などあるはずないおっちゃんです。だ〜まえさんに確認したところ、やはりここは来たことがありました。 それは去年の12月。だ〜まえさん主催の『東京六大学マラニック』で早稲田大学から立教大学に向かう途中の道でした。懐かしい〜〜^^
023.jpg

六大学マラニックの時はこの画像の奥、山手線をアンダーパスして手前に向かって走りました


 おっちゃんは空腹感がなかったのでカロリー補給ということでシュークリームと『赤い』コーラをゲット。人心地つきます。
024.jpg

普段なら考えられない取り合わせです


 食べながら次の作戦会議です。ここから先は線路沿いが良いだろう、ということでさる隊長のアプリが再び活躍。山手線外側ぴったりの所を、一人だったら絶対に入らないような道を走ります。
 ところがこれが功を奏してあっという間に目白駅に到着(01:17)。
025.jpg


 ここでは駅の業務が終了ということで駅のシャッターが閉まるところを立ち会いました。
 おっちゃんのイメージだと目白はお坊ちゃん・お嬢様の街と思っていました。でもおっちゃんが走ったときは、若者が暴れていました
 
 そんな目白駅から山手線の内側、学習院大学の横を走り新目白通りという大きな道を渡ると街の雰囲気は一変します。ここからしばらく行くと高田馬場駅に到着です(01:27)。
026.jpg

ここから先、駅はシャッターが閉まっていました

027.jpg


 ここからは比較的道がわかりやすいということで、右手に山手線を見ながら線路沿いを走ります。するとホームが見えてきたのですが、改札のある駅の入口がわかりません。結局駅を一周する感じで新大久保駅に到着(01:45)。
028.jpg

029.jpg

池袋や目白も同じなのですが、駅のシャッターの前に若者がそのまま寝ています(男女問わず)💤


 この辺りはコリアンタウンで、終電が終わったというのに、駅のまわりは元気でした。
030.jpg


 さて深夜二時近くになったのですが、眠気が襲ってきません。

都内は怖いところ


 という両親の教えを素直に信じた半世紀前少年だったおっちゃんは、素直にその教えをすり込まれたのです。なので池袋からこっちは走りながらの緊張感がスゴいです。もちろん眠気も襲ってきません(笑)

 道の方はそのまま山手線内側を線路に沿って走り、西武新宿駅、アルタの前を通過します。
031.jpg


そして新宿駅東口にたどり着きました(02:02)。
032.jpg


 ここも深夜二時にかかわらず若者だけでなく老若男女、沢山の人が歩いています。おっちゃん達は東口での記念写真を撮り終えると南口方面に歩き始めます。
033.jpg

新宿駅南口に出来たバスタ新宿。初めて来ました。


 そして新宿駅南口から山手線の外側に出て代々木駅を目指します。途中小田急線新宿駅近くで、一時間以上しまりっぱなしになることがある有名な踏切を渡ってテンションが上がります
034.jpg


そして比較的大きな道を走ると早々に代々木駅に到着(02:16)。
035.jpg


 この辺りで二回目の休憩の話が出たのですが、適当なところが見当たらずしばらく走ることにします。そして明治通りの北参道近くのコンビニで休憩。
037.jpg

036.jpg

相変わらず興奮状態なのか、眠気はないのですが一回目の疲れが襲ってきました


 ここまで走った時間は約三時間。そして深夜の2時過ぎ。みんなちょっと疲れが出てきたようです。「のんびり行きましょう」と走り始めます。

 明治通りを南下して原宿駅を目指します。当初の予定ではそのままラフォーレ原宿まで走ってそこを右折して原宿駅を目指す予定でした。ところがおっちゃんが

『竹下通りって行ったことないんだよね』


 なんて余計なことを口走ったばっかりに、お二人が気を使ってくれて『ではそこを走りましょう』なってことになりました
 明治通りを右折して初めて入った竹下通りでしたが、深夜で店は閉まって人はいません。ただシャッターの奇抜な絵だけがここは普通ではないと語っているようでした。
 そんな竹下通りを抜けると、そこが原宿駅でした(02:55)。
038.jpg

039.jpg


 意外でしたがこの原宿駅のまわりには不思議なくらい人影がありませんでした(本来あるべき姿かもしれません)。もっと若者でゴミゴミしていると思っていました。そうなると今度は空虚が怖くなります。早々に次を目指します。
040.jpg

さる隊長とだ〜まえさん以外、ほとんど人がいません


 このあたりはおっちゃんが数少ない土地勘のあるところです。駅前の大きな歩道橋を渡って山手線の外側を線路に沿って走ります。大きなデパートの前を通って渋谷駅に到着(03:12)。
041.jpg

いつものスクランブル交差点です。人がいっぱいです。



◎渋谷から大崎へ
042.jpg

JR渋谷駅の看板で明るさ的に写るモノを発見できず。東急電鉄の看板で代用です。


 ハチ公前やモアイ像をうろつきましたが、ここは人が多かったです。
043.jpg

044.jpg

どちらも人が沢山いました。


 そして池袋や新宿、目白でも見かけましたが駅の近くで寝ている人が多いのに驚きました。始発の電車に乗るためだと思いますが、男性だけでなく女性もいてかなりの衝撃をうけました。
 またどこでも見かけましたが、こんな深夜でも若い女性が一人で歩いているのを沢山見ました。明るいところだけでなく、暗いところでもけっこういました。「みんな大丈夫なのかなぁ」と普段都心に寄りつかないおっちゃんは、心配になりました。

 さておっちゃん達は先を急ぎます。
045.jpg

さる隊長、だ〜まえさん、共に元気です


 次の恵比寿に向かっては山手線の内側を走るか外側を走るか悩みました。結局深夜で人通りも多くなければ、道に迷うリスクが少ないだろうと考えて明治通りを走って途中駒沢通りに入るルートを選択しました。これは大正解。歩道が広くて走りやすかったです。途中大きな声で歌を歌っている外国人のお兄ちゃんの横を通り過ぎるときはちょっと緊張しました(笑)

 恵比寿駅近くの小さなトイレで、用を足して汗を拭いたのは気分転換にもなって良かったです。ここでちょっと休憩をして走り始めるとそこに恵比寿駅がありました(03:47)。
046.jpg

047.jpg

お二人とも駅の画像はしっかり押さえています。


 この駅のまわりは比較的静かです。東口で写真を撮った後、恵比寿ガーデンプレイスを通って大きな橋を渡って山手線の外側に出ます(この辺りになると疲れてきて、画像の数がグッと減ります)。
 自動車教習所を通り過ぎると急に通りがお洒落になります。若い女性が喜びそうなお店が目につきます。そんな通りを過ぎたところに目黒駅がありました(04:08)。
048.jpg


 ここまで来るとかなりの疲労感が出てきました。走っている距離は大したことは無いのですが、走り始めて5時間。スタート&ストップで道を探しながらの走りは少しずつ体力を奪っていたようです。

 さる隊長が『ここは線路沿いに道があるから』ということで、走りやすい道を走っているとすぐに五反田駅に到着しました(04:25)。
049.jpg


 ここで気がついたのですが、すでに駅のシャッターが開いていました。始発が走り出す時間のようです。駅に向かって歩いてくる人たちもかなりいます。そんな中、大崎駅を目指します。この大崎駅。五反田との距離は短いのですが、今回色々とお伺いを立てたラン仲間のさりーさんが『大崎が鬼門』と仰っていました。いまおっちゃんはその言葉が現実味をおびてきて、ヒシヒシ感じています。

 五反田駅からは山手通りに向かい、山手通りを南下すると駅が見えてきました。
大崎駅に到着です(04:48)。
050.jpg


 
2017/09/12 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 🌁| Comment(2) | マラニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする