2016年12月24日

第7回足立フレンドリーマラソンに参戦しました〜〜^^(ヘロヘロの後半編)

301.JPG

後半はこんな感じで走っています


◆10km〜15km
 10kmポストを通過すると、スタート地点が近づいてきて『戻ってきた』という感じがします
そして約11km付近。Finish地点を通過しました。コースは一端Finish地点を通過してさらに下流まで走り、第二折返しポイントでUターンして戻ってきます。
 おっちゃんがFinish地点を通過しているときは、10kmのランナーさんがゴールしていました。その声援がスゴいです。そこを通過して荒川をさらに下流に向かって走ります。

 12km付近。軽トラックにスピーカーを付けたおじさんが声援を送っています。

『スカイツリーが真横に見えたら、折返しだよ』


 この応援は覚えています
去年も同じ応援をしてくれたおじさんです。この表現はとても的確で去年の第二折返しの時

『確かにスカイツリーが真横だ


と思ったのを思い出しました。

 そして今年はもう一つ声援が増えています

『今日は折り返してから、向かい風になるから体力温存で走れ』


 このおじさんの声援なら素直に聞こうという気になります
そしてこのおじさんの声援が聞こえなくなりかけたとき

『ナイスおっさん!』


 今度は女性の方に声をかけられました。その方はおっTはお召しになっていません。比較的最近おっさんランナーさんのブログを見るようになったらしく、残念ながらおっTは購入できなかったそうです。お名前を伺ったのですが『コメントは入れてないので』ということでした。「Twitterでつぶやいてくださいネ」とお願いをしておきました。第一折返し地点でおっちゃんを見たらしく、ペースを上げてお声がけくださったそうです。
 おっちゃんはおっさんランナーさんのブログの単なる一読者に過ぎないのに、このようなお声がけを頂いてとても嬉しい気持ちになりました

 13kmのポストを過ぎた辺りで、このコース唯一の上り箇所です。水門の関係だと思うのですが、河川敷のコースは一端切れて土手を戻るような方向(Zの字を描くように)で登ります。3mほど上った後に緩やかに下ります。
303.JPG


 往路のこの辺りが、ひとつのポイントになるような気がします。そこまで脚が残っているかぁ、なんて思いながら走ります。


・10km〜15kmのタイム 23分52秒(平均 4分46秒/km)

◆15km〜20km
 14kmのポストを過ぎた辺りでおっちゃんは、進行方向左の土手に注目します。スタート地点まで応援に駆けつけてくださったろっしさんが「この辺りで応援しているよ」と仰っていたポイントだからです👀👀👀
 すると15kmポストを過ぎたところに、同じ赤いおっTを来たろっしさんを発見
 ろっしさんも気がついてくれたようで、元気を頂きました

 第二折返し地点は16km過ぎです。今度は反対車線に注目。折り返してきたランナーとすれ違います。
15.5km付近でドングリさんと三回目の遭遇。おっちゃんよりも足取りが軽そうです

16.2km付近第二折返し地点。確かにスカイツリーが真横に来ていることを確認しました〜〜^^
302.JPG

確かに真横まで来ました


 そして折り返した瞬間

思いっきり向かい風


に遭遇します。
 ここまで大して練習もしていないのに、そこそこのペースで走ることが出来たのは風に背中を押されていたからだったんです。
 そのツケが一気に襲ってきました。前をまともに見ることが出来ない感覚です。

 17kmすぎ。ろっしさんに三度遭遇。午後用事があるはずのろっしさん。ここまで応援して頂き、本当にありがとうございます

 そしてろっしさんと別れたあとのおっちゃんはかなり苦戦します。向かい風と共に脚がかなり疲れた感じがします。
 そんな中18.8km付近。今回のコースで唯一の勾配区間に入ります。往路を走っているときはここの下りを利用してペースアップが出来ると良いなぁ、と考えていましたが今そこまで脚が残っていません
 また5kmごとに取っていた芍薬葛根湯の威力もむなしく、この辺りから“あいつ”が顔を出し始めました。

『トリプルパンチかよ!?』


とボヤキ始めます。向かい風疲れ、そして“あいつ”の出現。
かなりヤバイ感じです

・15km〜20kmのタイム 23分49秒(平均 4分46秒/km)


◆20km〜Finishのタイム 9分12秒
 19kmぐらいからは、残りの距離を指折り数える感覚です。“あいつ”がちょこちょこ顔を出して、すこし右脚を引きずる感覚になっています
 これ以上ペースを上げると“あいつ”の大暴走が始まりそうです。そのため何人ものランナーに抜かれました。おっちゃん的には20km過ぎたら残った力を全部投入、という気持ちだったのですが、今のペースを維持するのが精一杯です

 20kmを過ぎるとFinishゲートが見えてきます。大会MCの声援も聞こえます。ただおっちゃんはこの時、既にあっぷあっぷでした。
 練習していないから当然なのですが、スパートできないことへの後悔だけで走っています。

『次はちゃんと練習するので
ここは無事にゴールさせてください』

と祈りながらフィニッシュゲートを目指します。
 気がついたらFinishゲートを通過していました。

・20km〜Finishのタイム 9分12秒

2017/01/11 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | RUNNING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: