2017年01月31日

第37回館山若潮マラソンに参戦しました〜〜^^(戦いすんで満身創痍編)

510.JPG


今までで一番厳しい戦いでした


 フィニッシュした瞬間に脚が止まりました、
 特に鼓動が激しくなったりはしていませんが、立っているだけでも辛い状態です。フィニッシュの先におっさんランナーさんご夫妻ハービーさんがいらっしゃったような気がします。お声がけを頂いたのですが、立ち話をするのも厳しくて、とにかく座りたかったのでろくな返事もせずにその場を立ち去ります(おっさんランナーさんご夫妻、ハービーさん。酷い対応でごめんなさい

501.jpg

フィニッシュ直後のおっちゃんです(画像提供:おーさん)


 荷物を受け取ったあと、またここまで戻って記録証を頂くのは厳しいと思い、這うようにして記録証の発行所へ向かいました

 記録証を待っているときに、ハービーさんが館山若潮マラソン名物中村屋のクリームパンを持ってきてくれました。かなり疲れた様子のおっちゃんを気遣ってくれた、ハービーさん。わざわざ持ってきていただいたのはとても有り難く嬉しかったのですが、食べることが出来ませんでした(ハービーさん、またまたごめんなさい)。

 フィニッシュゲート近くでおっTメンバーが集まっていらっしゃったのはわかったのですが、お断りをして荷物預けの場所に向かいます。ところがトボトボ歩いている最中に“あいつ”が思い出したように大暴れ。
 立っていることが出来なくなり座り込みます。とにかく“あいつ”が両足から脇腹にかけて大暴れしています。悶絶してしまい、上を向けません。何人かの方に優しく声をかけていただいたのですが、顔を上げることが出来ず“あいつ”が過ぎるのを耐えます。(ここで声をかけてくださった方々、ろくな返答が出来ずにごめんなさい)

 10分以上座り込んでいたと思います。まだ“あいつ”は燻っていますが今度は寒くなってきたのでなんとか起き上がります。ただ満足に歩くことが出来ないので最後の手段でお守り代わりの『ロキソニン』を飲むことにします。
 このロキソニンは強い薬らしく、効果は覿面なのですが胃が荒れるなどの副作用もあるので使用はひかえてきました。しかし『背に腹は代えられない』とばかりに飲もうと思ったら、全て飲み尽くしたと思った芍薬葛根湯がひとつ出てきました。『今日で3つめだけど』と考えたのですが「これがダメならロキソニン」のつもりで投入しました。

 この芍薬葛根湯が効いてくれて、少しずつ歩くことが出来ました。
(因みにここまでの話はゴールして100mくらいです)


 おっちゃんではなく「おじいちゃん」のような足取りで歩いていると、ろっしさんに声をかけていただきました。

『???』


 レース前半10数kmを走っているときに、颯爽とおっちゃんの前を走っていたろっしさんがなぜここに?
 話をお聞きすると中間地点で、体調を崩されてトイレに行かれていたらしいです。
『これから豚汁を一緒にどうですか?』

と優しくお声をかけて頂いたのですが、丁重にお断りをして、またボチボチ歩きます。

 すると今度は40'sおやじさんhiroさんがおっちゃんを見つけてくださいました。よっぽど酷い格好で歩いていたんでしょうね、かなり心配をしてくださいました。(40'sおやじさん、hiroさん。ご心配をおかけしました。) お二人の笑顔がおっちゃんには眩しかったです。

 そんなお二人と別れると、やっと荷物預け所に到着です(ここまでが長かった)
502.jpg

荷物の受け渡し所です(2016年の朝の風景)


 ここで荷物を受け取り、スタッフの方に荷物を背負うのを手伝っていただきました。(ボランティアの皆さんありがとうございました)
 そして受け渡し所を出たところにいたのは...

おっさんランナーさんご夫妻


でした。

『なぜこんなところに?』


と思ったのですが、その質問をする前に

『体が冷えているはずだたら(その通りです)、タオルだけでも体に巻きなさい』

みんとらさんにいわれて、頂いたばかりのフィニッシャータオルで早速いわれた通りにします。これはかなり効いて体が楽になったような気がします。
 ご夫妻の暖かさにお礼を言って、みんなが集まっている味城苑さんに向かいます。さっき飲んだ芍薬葛根湯とかけていただいたタオルで、少しは歩けるようになります。ただお店に行くために道を渡りが厳しかったり、お店の前の小さな階段が厳しかったりします。

 恐る恐るお店に入ると、お店の中は既に軽い宴会体勢。皆さんにご心配をおかけしたことを詫びて、店の片隅で着替えをします。

 着替えが終わると気分も落ち着いてきて、おっちゃんにしては珍しくお腹が減ってきました。よく考えたら、レース中のエイドでほとんど何も食べなかったような気がします。

 ここでおっちゃんはラーメンビール🍺を頂きます。
(おっちゃんには疲れているとき、この出汁のきいた『汁物』がとっても嬉しいです)
503.jpg

ラーメンより奥のビールが先になくなっているのは、ナイショです(^^ゞ



 ここからがご歓談。皆さんと今日の大会を振りかえります。そして誰かが帰ってくるたびに『乾杯!』が繰り返されます。
504.jpg

今回は頭が回らず宴会写真が少ないです。
映っているのはナガイモさん。
おっさんランナーさんご夫妻のご学友で、お二人の学生時代のお話を少し聞けたのは収穫でした〜〜^^


疲れ切った体にビールを注ぎ込み、皆さんとお話をする。至福の時でした。
そして楽しい時間は過ぎるのも早いです。16:20、解散。

 解散後もお店の前で記念写真の取りまくり。
505.jpg

506.jpg


 そしてあまりのやられ具合を哀れに思ったろっしさんが、車でフェリー乗り場まで送ってくださるとのこと。いつもならご遠慮するのですが、今回に限ってはお言葉に甘えることにして、車で移動します。
(ろっしさん、いつも甘えっぱなしですみません。ありがとうございます)

 館山自動車道路が事故で封鎖されたために、道が大渋滞したのはご愛敬。
507.jpg

ろっしさんの車からの画像。走り始めは明るかったんです。


 おかげで車内トークが盛り上がり、ろっしさんといろんな話が出来たのは収穫でした。
 あまりの大渋滞で心配していたフェリーにギリギリ乗り込むことが出来てホッと一息。
 フェリーの中は、渋滞回避のためかほぼ満員状態。それでもなんとか座るところを見つけて、気がついたら一寝入り💤💤💤していました。
509.jpg

手ぶれが酷い写真ですが、イメージがわかって頂けると嬉しいです。



フェリーが到着間近トイレに行くと....

 なんとしもべーさんに遭遇!
 しもべーさんはチームおっさんランナーのメンバーで、去年3月の上成木トレイルで初めてお目にかかりました。
 山を走り、オーバーフルをスゴいタイムで走り、今大会も3時間40分を切る好タイムで完走された猛者。ところだそれだけの実力なのにとても低姿勢で、おっちゃんのようなモノにも優しく接していただいています。
 そんなしもべーさんとあまりの偶然に二人ともビックリ。
 今回はご家族で館山旅行をされて、今日だけしもべーさんがマラソンを走った、のだそうです。
 今度は山に連れて行ってくださいとお願いをして、お別れをします。

久里浜に着いてからは、京急久里浜までのバスに乗り込み、京浜急行線で帰宅の途につきました。
508.jpg

フェリーからの乗り換えバスは大混雑でした。


 おっちゃんの長い一日が終わりました。

2017/04/20 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(4) | RUNNING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
若潮マラソンお疲れ様でした(^^)/
懐かしく読ませて頂きました。若潮も、たくさんのおっT仲間で、楽しかったですね〜。打ち上げ場所を準備頂いた若潮マンさんには、ほんと感謝ですm(__)m
来年もまた、みんなで楽しみたいですね(^^)/
Posted by ろっし at 2017年04月20日 23:43
味城苑さんでは普段と変わらず楽しそうなだぶさんでしたが、
ゴール後はかなり苦しまれてたんですね〜。
ボクもだぶさんも来年は若潮でリベンジしましょう!
Posted by だ〜まえ at 2017年04月21日 00:19
>ろっしさん

 コメントありがとうございます。
そうなんです。もう三ヶ月前の話なんです(^^ゞ
仰る通り今回は若潮マンさんに、お世話になりっぱなしでした。おかげで走ったあとも皆さんと楽しく歓談が出来ました。ありがとうございます。
 そして、ろっしさんとの車でのお話も楽しくてお世話になりました。ありがとうございます。

 来年も出来るといいですね〜〜^^
Posted by おっちゃん(だぶ) at 2017年04月21日 12:07
>だ〜まえさん

 いつもメッセージを頂きありがとうございます。
走ったあとの苦しさは、60kmを走ったときでも味合わなかった酷いモノでした。でもトレーニング不足なので自業自得です。
 だ〜まえさんはこの時の悔しさをバネにしてその後のレースは見事な活躍の連続。
 だ〜まえさんの爪の垢を煎じて、見習わないと皆さんから取り残されてしまいます(>_<)
Posted by おっちゃん(だぶ) at 2017年04月21日 12:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: