2016年12月20日

初めてのトレラン大会(鋸山ラウンド15k)に参戦しました〜〜^^(鋸山始末記編)

500.jpg


 初めてのトレイルランの大会、おっちゃんなりにまとめてみたいと思います。

◆コース
 おっちゃんのGPS測定器から走行コースは、以下のようになりました。
501.JPG


いつものロードではないので、航空写真のデータに合わせるとこんな感じです。
508.jpg

山を走った感じが出ていますかね



◆タイム
 やはりGPS測定器からのデーターは次のようなモノでした。
507.jpg

“鋸山ラウンド15k”という大会でしたが、走行距離は13.6kmでした。



◆各種データ
 GPS測定器からの各種データはこんな感じでした。
509.jpg

510.jpg

511.jpg

512.jpg

513.jpg



◆考 察(あくまでもおっちゃんのレベルでのお話です)
 普段のロードレースと同じように解析してみようと思います。
まず距離軸に対する、標高データです。

・標 高
502.JPG


 ほぼ海抜0mから270m近くまで上っています。この頂点部分を詳しく見ると。
503.JPG


 GPS測定器からのデーターでは、5.54km進んだとき279m登ったことがわかります。前半ほとんど登山状態で、後半は下り基調の林道を走った感じです。

・ペース
次にいつもの標高とペースの関係です。
504.JPG


 3km過ぎの本格的なトレイルが始まったところからエイドを出発したところまでが、ペースグラフに大きな変動が出ています。
これは山登りで、泊まったり歩いたりを繰り返していたので致し方ないと思います。
 つまりトレイルランでは、山部分ではグラフの意味がなさそうです。またこれだけペースの乱れているところが“山岳部分”と言う事もできます。

 これでは意味がないので、標高と心拍数の関係を調べてみます。

・心拍数
505.JPG


 標高が上がっているところでは、心拍数も上がっています。ただ標高のピークと心拍数のピークが微妙にずれているところが面白いです

 6.41km走ったところで心拍数が急激に落ち込んでいますが、ここがエイドのあったところだと思います。

 後半戦は小さな上りと心拍数のピークが上がっています。そして本来なら林道が終わったあたりで心拍数も落ち着くはずなのですが、そこからもうなぎ登りで上がっています。
 このあたりの心境は既に忘却の彼方なのですが、40'sおやじさんにお目にかかるなどして、テンションが上がりっぱなしだったのではないでしょうか。
 フィニッシュ地点では最高地点と同じくらい心拍数が上がっていました

・ピッチ
面白いのはピッチとの関係です。
506.JPG


 走り始めてから3.57kmまではほぼ同じようなピッチなのですがここから思いっきり乱高下。この乱高下は心拍数が大きく落ち込んでエイド到着ではないかと思ったところまで続きます。
 つまり3.57kmから6.41km部分が今回の山岳エリアではないかと思われます。

◆頂き物
 今回の参加賞はこれでした。
514.jpg


 素敵なデザインのトートバッグでした。
以前の大会に出場されたブロガーの記事から、素敵なバッグが頂けると知っていたのですが、今年のも素敵でした。


◆最後に
 最初に述べたように、元々の年間計画では“トレラン”という単語はなかったのですが、気がついたら走ることになっていました(笑)

 でもいつかは挑戦したいと思っていたジャンルだったので、皆さんに背中を押してもらってよかったです。

大会運営の方々、富津市市民の皆さん
そして同じ時間に遭遇した数多くのハイカーの皆さん
 皆さんのおかげで、おっちゃんの初トレラン大会は
楽しく終わることが出来ました。
来年は15kがなくなるという噂も聞こえていますが
『楽しかった』と笑顔で言う事ができる15kに来年も参戦したいです。

そしてチームおっTのみなさん。
大会後の楽しい一時をありがとうございました


515.jpg

とてもかわいい完走賞です(500円硬貨と比較するとわかりやすいかなぁ)


2017/01/06 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

初めてのトレラン大会(鋸山ラウンド15k)に参戦しました〜〜^^(戦いすんで日が暮れて編)

401.jpg

おっちゃんのトレラン初レースが終わりました


 フィニッシュしたあと、地元(?)の少年からお水を頂きました(12:45)。

フィニッシュゲート近くは広いので、ゆったりしています。
 おっちゃんは、転んでしまったところを確認します。左膝がこすれてタイツに穴が空いています。
 ただ痛みは酷くないので、水洗いで消毒をしておけば大丈夫そうです。
403.jpg

左肘もかなり汚れていて、あとで確認したら肘に擦り傷がありました。


 そして、新兵器のグローブですが土汚れがついてかなりこすれていました。これは今までの軍手だと傷になっていたと思います。
 ちょっとお高い出費でしたが、このグローブのおかげで傷が一つ減ったと思います。
ただ良いことばかりではなく...それはΩくん。(おっちゃんのトレランリュック。ウルトラスパイアのオメガ)最上部のところを見ると...
裂けていました。
402.jpg

ちょっと見にくいですが、ザックのトップがかぎ裂き状に破れています


 転んで前転をした際に裂けたようです。こんなところに土がつくなんてあり得ないですよね。
かなりのショックですが、なんとか修理をすることにします


 さて同じチームの皆さんが何時頃戻ってくるかわかりません。傷口を早めに消毒したいのと、思いっきり汗をかいた反動でちょっとなってきました(天気は相変わらず良いのですが)。

 皆さんには申し訳ないですが、先に着替えに行くことにします。トボトボ歩きながら、荷物を預けたところにむかいます。
 荷物預けの建物の奥に更衣室があります。まだ空いてるかなぁ〜〜と思っていたところ、かなりのランナーの方がいました。
 その中で空いている一角を見つけて、着替えます。
タイツを脱いで傷口を確認したところ、深い傷はなく擦過傷が広い範囲にある程度です。そのままシャワー室に飛び込んで傷口を洗いました。今度からは消毒液を携帯しなくてはいけないようです...(>_<)

 なんとか着替えを終わり、一旦フィニッシュゲートにむかいます。
404.jpg

たくさんのランナーがFINISHしています。


 そこにはすでにフィニッシャされたねこあしさん、こうめさん、deburaさんご夫妻がいらっしゃいました(じぇっとさんはFinish後、打ち上げ参加のために一旦帰宅されたそうです)

 皆さんの輪の中に入れて頂き、今日のレースを振り返ります。(13:30)
405.jpg


 しばらく歓談したあと、皆さんは着替えに行くと言うことでした。お腹が減ってきたおっちゃんは、大会本部が炊き出しで出している豚汁を頂きました。本当はもうちょっと食べたかったけど、16:00から打ち上げがあるのでここは我慢
 時間的に鋸山ラウンド30kの方々が戻ってくるはずなので、最後の応援にむかいます。
406.jpg

おっちゃん達が走ったコースでは、釣りをされている方が多くいました。
そして今日は終日、富士山がよく見えました。


 どこまで行けばいいのかわからないのですが、先ほどお見かけした40'sおやじさんがまだいらっしゃるかもしれないと思いそこまで出かけます。
407.jpg

ちょっと見づらいのですが、右手オレンジ色のコートを着ていらっしゃるのが40'sおやじさんです。


 ブラブラ歩いてフィニッシュ間近のランナーさんに声援を送りながら、無事に40'sおやじさんと合流。
今日の早朝スタートした房総横断70kの選手も戻ってきています。皆さん70kそれもトレイルで走ったとは思えないくらい元気な足取りで、フィニッシュを目指していらっしゃいます。

 そしてわがチームおっT30k参加者で一番にお見えになったのが鈍足親父さん。(14:25)
408.jpg


 その後遅れること約10分。湾岸スキーヤーさんが通過されました(14:36)。
409.jpg


そして待つこと暫し。あのご夫婦がお見えになりました。
しっかり記念写真まで撮りました。さりーさんご夫妻が通過されました(14:41)
410.jpg


 そして外見で発見出来ず、隊長の方で見つけて頂いたさる隊長が通過(15:02)
411.jpg


そしてろっしさん通過(15:18)
ごめんなさい、ろっしさん。
なぜかろっしさんの画像ファイルが壊れていました

 そして15:30まで応援していたのですが、40'sおやじさんは70kの他のメンバーの応援に行かれると仰るので、ここでお別れします。
40'sおやじさん、楽しいお話ありがとうございました


 日がかなり傾いてきました。今まで応援していた場所も山の陰になり寒くなってきました。
残念ですが、撤収します。ハービーさん、班長さん、ごめんなさい


 打ち上げは16:00からで、まだ時間があります。
まずは会場の確認。そして『鉄』を充電するためにJR浜金谷駅へ。
412.jpg

413.jpg

内房線 浜金谷駅です。
『鉄』心をくすぐるいい駅です


414.jpg

たまたま上り千葉行き。209系八両編成が入線しました。
先頭車両と最後尾の車両はボックスシートになっています


415.jpg

短い時間でしたが、しっかり『鉄分』を補充しました。


時間になったので打ち上げ会場に向かいます(といっても駅から30秒くらいのところです)。
416.jpg


すると一番乗りでした。
417.jpg


その後メンバーは続々と集まります。
419.jpg

お店の方の了解を得て、『装飾』もしました


さて打ち上げ(宴会)のスタートです。
418.jpg


420.jpg

最初の乾杯です!!🍺


 皆さんに表彰状のお披露目です。さりーさんは年齢別1位、おばやんさんは年齢別3位。素晴らしいです
421.jpg

皆さんの前でお二人の記念写真。


 10人で最初の乾杯をした後は、続々とメンバーが集結。

初めてのトレランを完走されたハービーさん。
422.jpg


暗くなっても班長さんの帰りをゴール地点で待っていた、ねこあし夫妻。
423.jpg


コースのスイパーをされたJimmyさんも登場。
Jimmyさんは初顔合わせだったのですが、背が高くとっても紳士。トレランのお話を沢山聞くことが出来ました。
424.jpg


 宴もたけなわですが、帰りの時間が近づいています。
425.jpg


19:00にお開き。最後の記念写真をお店の前で撮ってお別れです。
426.jpg

店の発見予約から盛り上げ役まで、さりーさんご夫妻にはお世話になりました。
楽しい飲み会に参加出来て感謝です


ほとんどの皆さんはここから内房線で帰路に。


 最後までお酒を我慢したろっしさんは、さる隊長と共に車で帰路につきます。
そしておっちゃんは...帰りも船です。
427.jpg


 とても空いているフェリー(ほとんど独り占め状態)に揺られていい気持ち。
428.jpg


 薄れゆく意識の中で、初めてのトレランが楽しかったこと。そして皆さんとの打ち上げが最高だったことを振り返りつつ、帰路につきました。
429.jpg

430.jpg

ちなみに、うたた寝をしても停船前に自力で起きて『伝説』はありませんでした


2016/12/31 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

初めてのトレラン大会(鋸山ラウンド15k)に参戦しました〜〜^^(林道の洗礼、凸凹編)

301.jpg


大会は後半に入ります


◆エイドにて
302.jpg


 こんな山の中にエイドを出して頂くことに感謝です。
普段のエイドでは、あまり食べないおっちゃんですが、後半のランに備えて頂きます。バナナを一つと、その横にあるバームクーヘンを頂きます。
 おっちゃん。このバームクーヘンが大好き
でもカロリーが気になるので、最近は意識的に遠のけていました

久しぶりの味は...

最 高


でした。パサパサ感がなくしっとりとして美味しかったです。

 また後半戦に備え、また“あいつ”対策も込めてMag-onのレモンフレーバーと芍薬葛根湯を飲んでおきました

 本当は5分の休憩を見越していたのですが、他のランナーさんは早々に出発されます。おっちゃんも追い立てられるように、出発をして後半戦に臨みます。(滞在時間3分)


◆林道を走って、ゴールを目指す。
 後半戦のコースは、山の中ではなく林道です。前半のような泥道ではなく一部はコンクリート舗装がしてあります。
303.jpg


 また尾根伝いのようなので、景色がいいです。
304.jpg

青空に富士山がとても綺麗でした。



 道は下り基調なので、スピードに乗ることが出来ます。走っている林道はこんな感じです。
305.jpg

エイドまでの前半とはまったく違う路面です。


 何人かのランナーさんと抜きつ抜かれつを繰り返した11km過ぎでした。
おっちゃんが参戦した鋸山ラウンド15kは、15kとありますがオフィシャルのコースマップから実質は13.5kmほど。
 そこで道を下りながら、『あと2kmかぁ』と思った瞬間。気を緩めたということはないのですが....


「ざざざ..むぎゅ...いてっ!!



転んじゃいました

306.jpg

この画像を撮影したあとの下り道で転びました。


 それまで転びそうなところは多数あって、頑張って転ばずに走ったのですが残念です
 後を走っていたランナーさんが手を貸してくれます。

『前回りをするように転びましたよ』


と言われました。
そのランナーさんには、お礼を言って先に行ってもらいます。
307.jpg

転んだあと振りかえったときの画像です。


 おっちゃん的には、膝をすりむいた感じです。帽子を確認しましたが、頭は打っていないようです。またグローブがかなり擦れています。もしこのグローブでなければ、手も怪我をしていたと思います。

 何分止まっていたかわかりませんが、とにかく走り始めます。左膝がちょっと痛いですが何とかなりそうです。

 頭にたたき込んだ高低図を思い出すと、このあとは上りはなく下りのみのはず。少しずつスピードを上げます。

 下りの林道を楽しんでいると、正面に大きな道が見えてきました。往路の道と合流です。ここからはループ橋を下ってゴールです。

 橋を渡り残り500mほど走ったところで、ダンディなカメラマン発見。やたら写真を撮っています。よく見ると....

 今年のきょなんヒルズでお世話になった 40'sおやじさんでした。
ちょっとバテ気味脱気持ちにを入れてもらいました。
308.jpg

残り500mをフラフラで走っているおっちゃんです。
画像提供:40'sおやじさん



 小さな公園を抜けてその先を見ると、「FINISH」と書かれたゲートが見えます。MCの方が、ナンバーカードからおっちゃんの名前を呼んでくれました。
309.jpg

画像左奥の方から手前右側に走り抜けて、FINISHゲートです。


 気持ちが良い青空の中、おっちゃんは初めてのトレランレースを走りきることが出来ました

2016/12/28 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(6) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする