2017年06月02日

第24回奥武蔵ウルトラマラソンに参戦しました〜〜^^(当日移動とスタート直前編)

100.jpg


あっという間に、当日の朝になりました



◆移動方法
 奥武蔵ウルトラマラソン(通称:オクム)はスタート/フィニッシュが毛呂山総合公園というところです(埼玉県入間郡毛呂山町)。
 最寄り駅は八高線の毛呂駅。ここからはシャトルバスが出ています。ところが...

 このシャトルバスに乗るためには、八高線の八王子駅始発(4:45)に乗る必要があります。これはおっちゃんの最寄り駅から始発電車に乗っても間に合わない。
 ということで、途中の飯能あたりのビジネスホテルを調べたのですがすでに一杯です。
 大会、特にウルトラのような大会は車で行きたくないのです(運転中に“あいつ”に襲われたら大変なので)。しかしながら今回も前回同様、車移動が決定です


◆起床
 当日は5:00に駐車場がオープンするそうです。どのくらい混むのか見当がつかないので、5:00には駐車場に着いていたい。移動に一時間半と考えると3:30にはスタートしたい。

 となると起床は2:30となります。これは今までで最高に早い時間です。前日は21:00には床についたのですが、緊張のためまったく寝られず
 ウトウトした時には、日付が変わっていました

 目覚ましとスマフォのアラームでやっと起きた時は3:00を回っていました。急いで準備に取りかかります。

 車移動なので、荷物には余裕があります。
必要ないとは思いますが、ウィンドブレーカーや水。長袖長ズボンなどを用意。

 着替えが終わってネットで天気予報を確認しながら、朝ご飯です。
101.jpg

いつもおにぎりを用意してくれるかみさんに感謝です。


 そして3:45。用を足して、予定より15分遅くなりましたが自宅を出発します。


◆車移動
102.jpg

空は少しずつ明るくなりかけていました


朝方というここともあり、道は空いています。
103.jpg


 おっちゃんは新しく出来た圏央道の相模原ICから高速に入りました。
104.jpg

この時期は4:00を過ぎると、空が白み始めます。


 高速道路も順調そのものです。
ここで遅れを取り戻せたようで、ムリをしなくても大丈夫そうです。
105.jpg


圏央道の狭山日高ICを降りたのが4:40ごろ。ここからはカーナビさんが頼りです。ところが...
106.jpg


 このカーナビさん。決して頭が悪いわけではないのですが、ちょっと古い。新しい道に対応していません。
 一カ所「?」という交差点があったのですが、カーナビさんからなんの指示もないのでそのまま行き過ぎると、突然

Uターン


の指令が出ます。
 どうも今走っている道は最近出来たバイパスらしく、ドキドキしてなんとか毛呂山総合公園への道に出ることができました。

5:15、駐車場に到着です。


◆スタートまでの楽しい時間
107.jpg


 既に多くの車が止まっています。

 車を所定の場所に停車してちょっと様子を見に行くと、さりー夫妻発見!その後ろっしさん、さる隊長、40'sおやじさん、そしてお初にお目にかかりますポンゆたさんと談笑。
108.jpg


 ところでこの時期の、飯能地方は結構寒いです。おっちゃんは『いらないかなぁ?』と半信半疑だった、ウィンドブレーカーを着こむことにしす。

 この時にいらっしゃったメンバーの方に改めてお伺いをして
スペシャルドリンク、500ml持参ドリンクは不要

と判断して、身軽に走ることにしました。

 おっちゃん達は、会場の方に行ってみることにします。
109.jpg


 ナンバーカードなどは事前に送られてきているので、受付はなしです。
おっちゃんは参加賞Tシャツを頂きます。
110.jpg

この大会は参加賞の有無を選択できます。参加賞なしだと少し参加費が安くなります。


 すでにお店なども出ていました。おっちゃんは緊張感MAXで物色する余裕がありません
111.jpg


 トイレは待ち時間なしで早めにすませます。
112.jpg


 一旦車に戻って、走る準備をして再びスタート地点に戻ってきたのが6:30。
ここで先ほどのメンバープラス、『虎』こと、マックさん、そして初めてお目にかかりましたPink_Manさん、早速記念写真です。
113.jpg


 その後オプティマスことゆきパパさんとも合流。
114.jpg


 おっちゃん、このオプティマスさんの仮装に興味津々。オプティマスさんがゆきパパさんになった時、そのヘルメットを観察していると
115.jpg


『かぶってみますか?』


というお言葉。

 ありがたい申し出に、即答。かぶらせて頂きました。その一番の感想は『暑い』!

これは何となく想像できましたが、想像外だったのが

『視野が狭い』
『意外なほどグラグラする』

でした。
 これを装備してのウルトラマラソン。スゴすぎです

116.jpg

おっちゃんもかぶってみました(ポンゆたスポーツ提供)


そしてお約束の写真。
117.jpg


 その後、おバヤンさん、アタックおばちゃんさん、とにこさんなど皆さん大集合。ちょっとしたお祭り状態になりました。

 スタート前からテンションがアゲアゲです。
118.jpg


 実はスタート前からMCの方が盛り上げをされていたのですが、まったく聞いていませんでした<(_ _)>
119.jpg


 ただオクム名物“なつ姫様”が本日14:00で、ご帰還なさるらしいです。これはなにが何でも14:00までに折返し地点に到着しなくてはいけません

そして2017年6月4日(日) 7:00。
晴天の青空の下、皆さんとの談笑の裏で一人緊張状態だった、おっちゃんの長い一日がスタートしました。

2017/06/13 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☔| Comment(2) | 20170604奥武蔵ウルトラマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

第24回奥武蔵ウルトラマラソンに参戦しました〜〜^^(作戦・準備編)

ご注意ください:
この記事は2017/06/12 PMにアップしたのですが、こちらの手違いで一度削除してしまいました。
データはバックアップをとっているのですが、絵文字や文字加工は記事をアップする直前におこなっているので完全に元に戻すことが出来ません。
雰囲気がちょっと異なってしまうかもしれませんが、ご容赦ください


001.jpg


ついに最終章が始まります



◆初めに
 おっちゃんの春の三大ウルトラ祭り 最終章。 第24回奥武蔵ウルトラマラソン(通称:オクム)が迫ってきました。

 元々はチャレンジ富士五湖を最終目標として考えていたのですが、ブログで知り合ったお仲間から唆されて...誘われて参戦を決断しました

 ただ前戦のチャレ富士で本当に叩きのめされました。DNSは考えなかったものの自信が完全に吹っ飛んでいます

 何かをせずにはいられません。でもどうしよう???


◆試走
 そこで親しくさせて頂いているろっしさんにお願いをして、オクムの試走を計画して頂きました。

 大会二週間前に、顔振峠〜丸山(折返し地点)を走らせてもらいました。その感想は

『勾配がキツくて、上り下りが多数』


 以前走った『きょなんヒルズマラソン』のコースが70km続く感じです
 試走はとてもためになりました。ご一緒して頂いた、さる隊長、さりー夫妻、そしてろっしさん。本当にありがとうございました。(このときの画像は、本番で織り込んでいきます)
002.jpg

試走の時の一コマです。
丸山の折返し地点での画像です。
試走なのでラント君+ハイドレで走りました。


 でもおっちゃんは、完全にビビってしました。試走が終わったあと大会を走りきるイメージがまったく出来ませんでした。

 何かをしなくては...


◆ペース表
 そこで大会本部のHPよりコースマップと高低図をゲットしました。
003.jpg


 この高低図に各エイドの一情報を書き込んでみました。
004.jpg


 これで各エイド間の高低関係がわかりました。
しかしながら、もう少し詳しいところが知りたいです。そこでおっちゃんが使っているGARMINのサポートページを利用することにしました。

 GARMINのサポートページでは自分でランニングコースを設定でき、GoogleMAPと思われる地図をプロットすると、距離と高度がわかります。そこで本番前に、GARMIN上でコースを再現してみました。
005.jpg


 ただこれには、各エイドの位置情報がないので、部分的に印刷をして位置情報をおっちゃんなりに入れてみることにしました。
006.jpg


 これで大体のエイド間情報を作ることが出来ました。

つぎにペースですが、基本

上り坂はすべて歩き


 と考えました。少ない持久力を、最後までキープするための処置です。ただ少しでも平地があれば走りたい。

 また、エイドに関しては特に長居をするつもりはないのですが、水分補給と少しずつのエネルギー補給は取るための時間は余裕を持たせることにしました。

 それらを考慮に入れて考えたのが、このようなペース表です。
007.JPG


 前回のチャレ富士からの改良点としては
・区間ペースをシンプルに
 チャレ富士では細かくペースを設定したのですが、今回はシンプルにして、色でつぎの区間のペースがわかるようにしました。

・備考欄を加える
 その区間で注意しなくてはいけないことを、言葉で書き込むようにしました。

 机上の空論は百も承知ですが、何かせずに入られませんでした


◆持ち物
 走る前までは、ラント君にハイドレーションを持ち込む予定にしていました。ところが試走に行った皆さんから
『オクムはエイドの間隔が狭いからハイドレーションは不要だよ』

といわれました。

 確かにスタート直後では5kmほどの間隔でしたが奥武蔵グリーンラインに入れば2〜3kmごとにエイドが存在します。
 当日の天候次第ですが、心配なので500mlのペットボトル一本、用意しました。
008.jpg

今回はラント君の出陣はナシです。



◆携帯ジェル
 皆さんの意見を総合すると

『オクムのエイドはかなり充実しているらしい』


ということがかなりよくわかりました。そこで今回はいつも持って行くジェルをかなり絞り込みました。
009.jpg


 天気予報を確認すると、当日は雨の心配はなく逆にかなり暑くなりそうだということです。なのでエネルギージェルはお守り代わりのMag-onを一個だけにしました。
 その分塩熱サプリ系の塩飴やアミノ酸を多めに持って行くことにします。そして計画でエイドの時間を取ってあるので、エネルギー源は『現地調達』ということにしました


◆スペシャルドリンク
 前回のチャレ富士同様に、トランジットのようにモノを置くことが出来るようです。ただチャレ富士との相違点は、『容器、未使用のスペシャルドリンク等の返却は出来ないものとする』(大会パンフレットより)

 エイドが充実しているなら、不要かなとも思いましたが、一応用意しました。
010.jpg



◆戦闘服
 当日の戦闘服です。
今回はチームおっTのメンバーが多数参戦されるということなので、楽しみです〜〜^^
011.jpg


2017/06/12 PM作成

2017/06/13 AM再作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(6) | 20170604奥武蔵ウルトラマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする