2017年06月06日

第24回奥武蔵ウルトラマラソンに参戦しました〜〜^^(激走編 Part4)



楽しかったオクムが、本当の顔を出し始めます


◆第17エイド大野AS(50.8km)〜第18エイド刈場坂AS(53.2km)
502.JPG


大野ASに到着です(13:08)

 前の折返しでフルーツなどをゲットしたので満腹感があります。“あいつ”に襲われないように、首に水をかけてもらうだけでさっさとスタートしました。

 残念ながらこのエイドの画像はありません。因みにエイドがないとあたりはこんな感じです。
426.jpg

試走時に撮影


 この先は道がかなりの下り基調です。6分20秒/kmくらいで走っています。
50kmを過ぎたので、慌ててGARMINのバッテリー容量を確認すると残りが48%と表示。チャレ富士ではこのあたりでGARMINが表示を停止しました。今回はフィニッシュまで何とかなると一安心です

 下り基調とはいえ、上りもしっかり残っているオクム。長い上り坂を歩いていると、次のエイドに到着です。


◆第18エイド刈場坂AS(53.2km)〜第19エイド飯盛AS(56.6km)
503.JPG


 刈場坂ASに到着しました(13:24)
512.jpg


 お粥が美味しそうだったので、一杯頂きました。するとさる隊長と遭遇。
隊長は腰が悪くて大会から遠ざかっておられ、このオクムが復帰戦です。お話を伺うと、やはり良くないようです。また肘と膝に擦り傷がありました。

『行けるところまで行きます』


という隊長の背中に“漢”を見ました。おっちゃんも頑張らなくては!

 コーラを飲んでスタートしようとすると、再びここでさりー夫妻、ポンゆたさんと一緒になります。でも、すぐにちぎれます。ポンゆたさんがおっちゃんに気を遣ってくれますが『大丈夫ですから!』と先に行って頂きました。

55km地点を通過です(13:37)
513.jpg


 上の画像からわかるように、木陰があるので日差しの厳しさはさほどありません。ただお昼を回って厳しくなったのが

&バイク


この大会は、奥武蔵グリーンラインという公道をクローズドしないで実施しています。
 従って一般車や車の往来が普通にあります。ほとんどのランナーは左側を一列で走って迷惑にならないようにしています。また車やバイクもスピードを落として走って頂いています。ただなかには『冷やっ』っとすることもありました。


◆第19エイド飯盛AS(56.6km)〜第20エイド高山AS(59.7km)
504.JPG


 飯盛ASに到着です(13:51)
514.jpg


 ここではふかしたお芋がありました。これに塩をかけて頂きます。ほんのりとした甘みが最高です。冷たいお茶で流し込みます。
 2分ほどお休みをして、首に水をかけて出発です。

 この辺りまで来ると、下り坂基調で楽...なんてことが、なくなります
 下り坂が続くとこれはこれで辛いです。特に両足の太ももに力がかかってきます。

 もともと下り坂は大の苦手で上手に走ることが出来ません。足の接地位置や、膝の使い方を考えながら下ります。
515.jpg

こんな感じの下り坂です。試走時に撮影。


 ただ走るのではなく、考えながら走るのは気が紛れておっちゃんにはあっていました。気がつくと次のエイドって感じでした。


◆第20エイド高山AS(59.7km)〜第21エイド見晴台AS(61.8km)
505.JPG


高山ASに到着しました(14:11)
516.jpg


 ここまでで7時間近く走っています。さすがにエイドに着くたびにホッとする感覚が大きくなります。

 ここでは往路で忘れていた冷や奴を頂きました。
517.jpg

画像提供:ポンゆたスポーツ


 おばあちゃんが『残ったら捨てちゃうので、もう一個食べて行きなさい』といわれたので、二つ頂きました。ミョウガが効いていて美味しかったです

 恒例になったコーラ&打ち水で、スタートします。

 この辺りから、上り坂は完全に歩きモードになっています。そして平地近くなってもなかなか走り出せなくなっています

 そして、大人しくしてくれていた“あいつ”宴会モードに入ってきました
上り坂が終わって下りに入って走り出そうとした時、左脹ら脛から“あいつ”の攻撃開始です

 68番は既に三回使っているので、残りの距離のことを考えるとここでは使いたくありません。仕方なく邪魔にならないスペースでストレッチ開始
 すると至る処に“あいつ”が暴れまくります。両脹ら脛・両太もも・お腹。最後は右の二の腕まで。
 “あいつ”祭り炸裂です。

 しばらく悶絶をしながら、“あいつ”が通り過ぎるのを待ちます。何分止まっていたのかわかりませんが、少しずつ歩き始めるとエイドがありました。


◆第21エイド見晴台AS(61.8km)〜第22エイド顔振AS(64.2km)
506.JPG


見晴台ASに到着です(14:27)
518.jpg


 止まっていても“あいつ”がピクピクしています。ここでも68番は見送って、アミノ酸をスポドリで流してごまかします。

 あまり長い間止まっているのも不安なので、早々に出発です。

 この区間も多少の上りがあるものの、基本は下り基調。ただ調子に乗ると“あいつ”がすぐに暴れるので、ペースを上げることが出来ません。

 小さな上りも、すぐに歩くのですが腕振りだけは忘れずに歩きます。この辺りからそれまで晴天だった空に雲が気になり出します。

 そして画像撮影が厳しく成り始めます。ここからは到着エイドの画像だけで、走っている画像がなくなりました


◆第22エイド顔振AS(64.2km)〜第23エイド黒山AS(67.6km)
507.JPG


顔振ASに到着です(14:44)
519.jpg


 ここも沢山のスタッフの方が、色々と趣向を凝らして頂いています。ただおっちゃんは既にそれらに応えることが出来ません。

「とにかくフィニッシュするんだ!!」


と考えてバナナをコーラで流し込み、水を二回かぶってスタートします。
520.jpg

試走時の画像です。右手前から左奥に向かうとフィニッシュです。


 この辺りで何気なくGARMINを確認すると下り坂でも6分/km以上かかっています。ということは、小さな上りで歩いてしまうと、設定ペースをオーバーしてしまいます。

『今までの貯金があるから大丈夫』


と言い聞かせるのですが、超せっかちさんのおっちゃんは、気になって仕方がありません。上り坂はダメなので、下り坂を一生懸命走ります〜〜^^

 そしてヘビー級の上り坂を歩いている時、後から来た見ず知らずのランナーさんがおっちゃんに話しかけてくれました。

「ここの上り坂はあと少しで終わるよ。
そのあと下って5km先にもう一つ上り坂がある。
それが最後の上り坂だから頑張れよ」

 神のお告げのような気がしました。おっちゃんより少しお若い感じのランナーさんでしたが、まわりにランナーが少なくて弱りかけていたおっちゃんには、何よりのカンフル剤でした。

そしてその言葉通り、上りが終わると次のエイドが見えてきました。
521.jpg



◆第23エイド黒山AS(67.6km)〜第24エイドユガテAS(70.6km)
508.JPG


黒山ASに到着です(15:08)
522.jpg


 先ほどの忠告でこれから先が最後の上り坂(ラスボス)。それに備えて最後の68番を水で流し込みます。

 そして二回目のトイレから戻ってくると、そこにいたのはアロハシャツに帽子がカッコいいPink_Manさん

『だぶさん、大丈夫?さりー夫妻は?』
『かなり先行している?僕はこれからさりー夫妻を追いかけるから!!』

 と仰ってエイドを出て行かれました。

“超カッコいい!!”


その後ろ姿に見とれてしまいました


ネタバレですが、Pink_Manさんはその後本当にさりー夫妻をさしきってフィニッシュされたそうです。
有言実行。実力のあるランナーさんだから出来ることですね〜〜^^



 おっちゃんは往路でお箸を割ってくれた可愛いスタッフ二人が、今はひしゃくを持っていたので二人に水をかけてもらってスタートしました(15:12)

 そのスタート直後、気がつくとまわりには

誰もいません


 前を見ても振り返ってもおっちゃん一人です。空は曇りで木々が覆ってちょっと暗いです。そしてスタート直後から上り坂。当然のように歩きます。
 先ほどのちびっ子スタッフにもらった元気は、みるみるうちになくなります。それまで意識的に振っていた腕振りも、気がついたらダラダラと上っています。
 奇跡的に“あいつ”が出ていないのでチャレ富士のラストほど絶望的ではありませんが、気分の良いものではありません

 結局10分近く一人ぼっちで、その後うしろからランナーさんがまくってきました。

『抜かれるのは嫌だけど、独りぼっちよりいいやぁ』


と変な納得をしていると、エイドが出てきました。


◆第24エイドユガテAS(70.6km)〜第25エイド清流AS(73.6km)
509.JPG


ユガテASに到着しました(15:31)
523.jpg


 往路でスタッフの方が仰っていたように、既に焼き鳥はなくなっていました

 フルーツを頂いて早々に出発します。
スタート直後少しだけ下ると、聳えるような上り坂が続きます。これが先ほど教わった最後の坂(ラスボス)だと思われます。
 おっちゃんは戦いません。というか戦えません。ただダラダラと歩きます。腕振りも出来ません。
 そして15:48。ラスボス終了。
打ち勝ったのではなく、相手からの攻撃を食らってばっかりでした

「ここまで来れば、勝ったも同然」


と思っていたら...奥武蔵の脚本家は一流です。ラスボスのあとに『本当のラスボス』を用意していました。その名は

『下り坂地獄』


 下り坂なのですが、勾配が急なので怖いくらいの下りです。そしておっちゃんの膝と太ももを痛めつけます。気がついたらエイドでした。


◆第25エイド清流AS(73.6km)〜第26エイド鎌北湖AS(75.9km)
510.JPG


清流ASに飛び込むように到着です(15:56)
524.jpg


 ここでは冷たいお汁粉を頂きました。おっちゃんはアンコものが大好きなので、お汁粉や羊羹には目がないんです。お願いをして二杯頂きました

 そしてスタッフの方が、

『フィニッシュまであと5kmだよ』


と声をかけてくださいます。
525.jpg

お茶を飲んでいる時に、こちらのスタッフさんから残りの距離を聞きました。
元気が出ました〜〜^^


 残りが5kmということは、ここからすべて歩いても一時間。なんと10時間が切れそうです。ここで初めて時間を気にしました。とても元気が出ます。奥武蔵グリーンラインももうすぐ終わりです。スタートします。





 しかしながらここからの本当のラスボスとの戦い壮絶でした。どんな走り方をしても膝と太ももが痛いです。

 『下り坂だけど、歩きたい!!』と泣きながら走ります。

 そして16:10。鎌北湖西端の分岐地点、奥武蔵グリーンラインの入口を通過しました。
 ここまで来るとあの急激な下り坂がないと思うだけでホッとします。ところが長い下り坂で感覚がおかしくなったのか、平地を走る力がなくなっていることに愕然とします。しっかり股関節を回して脚を上げて走らないと、気がついたらズリズリ走っています
 そして三回目の鎌北湖は右手に見ながら走ります。まもなくラストエイドです。


◆第26エイド鎌北湖AS(75.9km)〜FINISH 毛呂山総合公園(78.0km)
511.JPG


ラストエイド、三回目の鎌北湖ASに戻ってきました(16:14)。
526.jpg


 最後AS出発前の確認です。“あいつ”はいなくなってはいませんが、なんとか大人しくしてくれています。フィニッシュまでは緩い下り坂。無理をする必要はまったくなしです。

『ラスト2.1kmだよ』


というスタッフの方にお礼を言って、おっちゃんは走り始めました。

 三回目の鎌北湖からのスタートは温情のような下り坂。でも脚がガタガタで6分30秒/kmくらいのペースです。
527.jpg

鎌北湖ASを出た直後の画像イメージです。画像提供:ポンゆたスポーツ


 気がついたら太陽がかなり傾いています。チャレ富士の時のラストより達成感を感じます。『長い一日やなぁ』と走りながら感傷にふけります。こんな事を考えながら走ることが出来るのはチャレ富士の時より余裕があったように思われます。

 そしてフィニッシュのある毛呂山総合公園の敷地に入ります。軽い上りの先にはフィニッシュゲート。それを見てちょっとだけ感動した時...

『だぶさ〜〜ん』


フィニッシュ30m程手前右側に、ピンクのおっTを来た高貴なご婦人の姿。きんぎょさんです。
彼女はチャレ富士に参戦するも、名誉の負傷で今回のオクムはDNS。毛呂山の地より遙か遠くに住む彼女がここにいるとは本当にビックリしました。

『何故貴女がここに?』


と思いながら、フィニッシュテープを切ったのでした。

2017/06/18 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(4) | 20170604奥武蔵ウルトラマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

第24回奥武蔵ウルトラマラソンに参戦しました〜〜^^(激走編 Part3)

折返しまであと少しです


◆第11エイド見晴台AS(36.6km)〜第12エイド高山AS(38.7km)
401_.jpg


 ここでお目にかかったのは、サリーご夫妻にポンゆたさん!(11:11)
402.jpg


 レース中にお目にかかるのは、折返し地点前と思い込んでいたので

『誰か怪我でもしたの?』

と本気で心配しました。
403.jpg

記念写真も撮って頂きました。画像提供:ポンゆたスポーツ


 とはいっても、お三人はこれから出発でおっちゃんは到着したばったり。颯爽と出発される三人を見送りました

 実はおっちゃん、このエイド到着前に“あいつ”の前兆を感じました。走り始めて四時間。山道を駆け上がりながら汗をかいています。“あいつ”が現れてもなんの不思議もありません。

 本日一回目の68番(芍薬甘草湯)を投入しました。今回この68番の投入方法も変えてみました。いつもは『ヤバい!』と思った瞬間に取り出して飲むのですが、今回はエイドまで我慢して、水で飲むとしてみました。
 特に意味はないのですが、緊急時以外はこれで行きたいと思います。
また本来、アミノ酸の定期投与のエイドだったのですが、何となく混ぜない方が良いと思い次のエイドまで持ち越します。

 約3分ほどとどまってフルーツとコーラをいただき出発します。

 ここから先もきつい上り坂なのですが、お三人のご尊顔を拝見できたたことが、おっちゃんにかなり元気を与えてくれました。

 本当はここで体力を使うのは得策ではないのでしょうが、やっぱり頑張っちゃったみたいです。画像が一枚もありません(笑)

 そして高山ASに到着してしまいました。


◆第12エイド高山AS(38.7km)〜第13エイド飯盛AS(41.8km)
404_.jpg


 高山ASに到着です(11:29)
405.jpg


前のお三人は水をかけて貰い出発です。おっちゃんは先ほどの68番が効いたのか“あいつ”の心配はなさそうです。前のエイドで投入予定のアミノ酸をコーラで流して三人を追っかけます。

そして11:31。
406.jpg


追いついちゃいました

 そして仲間に入れて頂き、お話をしながら歩いたり、走ったり。

そうしているうちに40kmを通過です(11:39)
407.jpg


 いままで一人だったのですが、隣に知っている顔があるというのは嬉しいものです

 そうしているうちに飯盛エイドが見えてきました。
408.jpg



◆第13エイド飯盛AS(41.8km)〜第14エイド刈場坂AS(45.2km)
409_.jpg


 飯盛ASに到着です(11:53)
410.jpg


 ここではフルーツを頂きます。お三人はすぐに出撃。おっちゃんも追っかけます。
ここはアップダウンが続き、前の三人が歩かないのでおっちゃんも頑張って走るのですが、やっぱり離されます
411.jpg

時々、左手に武甲山が見えます。試走時に撮影。


道は相変わらずこんな感じです。
412.jpg

試走時に撮影


道にはこのような標識があって、色々と説明をしてくれています。
414.jpg

試走時に撮影


完全に引き離されたかなぁ、と思った時エイドがありました。


◆第14エイド刈場坂AS(45.2km)〜第15エイド大野AS(47.6km)
415_.jpg


 刈場坂ASに到着しました(12:19)。
416.jpg


 ちょっとエネルギーを使っちゃいました。走っている最中に“あいつ”がまた顔を出しました。早めの対応ということで二回目の68番を投入です。ここでも水を頂いて飲みました。
 ここではそうめんを頂きます。いままで甘いもの系で口の中がでしたが、ここでお醤油系が入ることで、シャキッとします

2分ほどとどまって、スタートします。
先にスタートしていた三人に途中で追いつくのですが、上り坂でちぎられます

そうしているうちに『トラ』のマックさんにすれ違います。既に折返しをされているのですが、足取りが軽いです。画像がないのが残念です

そして次のエイドが近づきました


◆第15エイド大野AS(47.6km)〜第16エイド丸山AS(49.2km)折返し地点
417_.jpg


 大野ASに到着しました。(12:39)
418.jpg


 おっちゃんが到着したのと同時ぐらいで、お三人が出発されるのが見えました。

先は長いので、しっかり休憩することにします。コーラとフルーツを頂き、しっかり味わうことにします。そして出発する時たまたまトイレが目の前で空いたので、使うことにします。走り始めて五時間半。あれだけ水分を取って初めてのトイレです

419.jpg

試走の時もここで休憩していました。


 トイレ休憩も含めて5分ほどとどまってスタートです。
スタート直後はいきなり坂道です。基本歩くのですが、今まで程勾配がキツありません。『思いっきり頑張らない』程度に走ります

420.jpg

上り基調ですが、今までとは勾配が違うような気がします。試走時に撮影。


 途中で40'sおやじさんにお目にかかります。こちらに気がついてくれたようで、元気を頂きました

そして歩いたり走ったりと、もがいているとやっと折返し地点が見えてきました。
421.jpg



◆第16エイド丸山AS(49.2km)〜第17エイド大野AS(50.8km)
501.JPG

ここから戻ります〜〜^^


折返し地点丸山ASに到着です(12:52)
422.jpg


 駐車場方向に降りていくと、“なつ姫様”の撮影会が盛り上がっています。そこで

『だぶさん、ナイスタイミング!』


 なんと先行していたサリーさんご夫妻、ポンゆたさんが記念写真に入るタイミング。ちゃっかりおっちゃんも混ぜてもらうことにしました。
423.jpg


 さりーさん、パパさん、ポンゆたさん、ありがとうございます。
424.jpg


 ここは、時間を取ってあるのでかき氷を頂いたり、フルーツを食べたりとノンビリします。ただボチボチ行こうかな、と屈伸をした時突然“あいつ”に襲われます。
 それまで使っていた筋肉が、急激に冷えたのが良くなかったのでしょうか。
仕方なく3回目の68番を緊急投入です。

 そして12:59。楽しかったエイドを出発します。

さぁ、帰ります


 折返しのエイドで一緒にスタートしたのですがいきなり、三人と離れてしまいます。
折返し前の区間でやっぱり地力の差を感じました。このまま2〜3区間ぐらいなら付いていくことが可能だと思うのですが、そうなると残り約半分。完走できるかどうかわかりません。チャレ富士の時の、辛い経験が思い出されます
 残念ですが、おっちゃんは追いかけませんでした。初オクムはタイムではなく『完走』が第一目標です。ここからはまた一人旅に戻ります

 しばらく行くとろっしさんにお目にかかります。ろっしさんは元気そうです。おっちゃんは元気を分けてもらいます。
425.jpg

ろっしさん、おっちゃんにはろっしさんを撮影する元気がありませんでした
画像提供:ろっしスポーツ


 その後も、おばやんさん、アタックおばちゃん、とにこさんと立て続けにランデブー。皆さんから元気を頂きます

 そして長い下り坂を下ったところに、次のエイドがありました。

 

2017/06/17 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(2) | 20170604奥武蔵ウルトラマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

第24回奥武蔵ウルトラマラソンに参戦しました〜〜^^(激走編 Part2)


いよいよ、奥武蔵グリーンライン突入です


◆第6エイド鎌北湖AS(22.5km)〜第7エイド清流AS(25.1km)
301_.jpg


 二回目の鎌北湖ASに到着しました。(9:21)

 おっちゃんの計算だと、ここから次のエイドまで平均の勾配が一番キツい区間になります。
気温もかなり上がっています。
小さなおにぎりとフルーツをコーラで流し込みます。

そして首に水をかけて頂きいざ出発です(9:23)
302.jpg

画像提供:ポンゆたスポーツ


二回目の鎌北湖を左手に見て、進みます。
303.jpg


しばらく行くと先ほどは阿諏訪ASに行くために右の道を行きました。今度は左に行きます。ここからが奥武蔵グリーンラインです。
304.jpg


 グリーンラインに入ってすぐに勾配がキツくなります。

 この区間は迷わず歩きです。ただ出来るだけダラダラ歩かず、腕を振って歩きます。そして以前から挑戦をしている『走る時とは違う筋肉を使う』を実践します。
 といっても、本当に出来ているかわかりません。しかしながら意識を『お腹』にもって行き、前傾を意識して歩きます。そして少しでも走れそうなところは、『ちょっとだけ』でも走ります。

 そんなことを考えていると25km地点を通過(9:43)
305.jpg


その先にエイドが見えてきました。
306.jpg



◆第7エイド清流AS(25.1km)〜第8エイドユガテAS(27.8km)
307_.jpg


 清流ASに到着しました(9:43)
308.jpg


 こちらでフルーツに舌鼓を打っているとなんとPink_Manさんにお目にかかりました。
「ここから先は一つ山を越えれば下りだよ」

とアドバイスを頂きました。Pink_Manさん、ありがとうございます

 おっちゃんはフルーツをコーラで流し込みます。また水をいただき二回目のアミノ酸を投入します。そして首に水をかけて頂き出発です。(9:45)
309.jpg

画面左の方からやってきました。


 コースはPink_Manさんの仰った通り、少しだけ上るとあとは下り坂。転げるように走るので、写真を撮る余裕がありません

 気がついたらユガテASが見えていました。
310.jpg

ブレブレ画像ですみません



◆第8エイドユガテAS(27.8km)〜第9エイド黒山AS(30.8km)
311_.jpg


 ユガテASに到着しました(10:02)
312.jpg


 こちらのエイドは、密かに楽しみにしていました。それは...

焼き鳥エイド!!


 エイドで焼き鳥を焼いています。そしてビール(ノンアルコール)まで用意してあるのはさすがです。おっちゃんも頂きました。
313.jpg


『帰りはないよ!いま食べてってね!!』


に、素直に従いノンアルコールビールと焼き鳥をおかわりしてしまいました

 すっかり焼き鳥を堪能して、エイドを出発します。(10:04)
ここから先は基本上りになります。作戦チャートから時間に余裕があるので歩きます。ただダラダラ歩かない!少しでも平地があれば走ります。

 走り始めて三時間。かなり疲れてきました。それまで小まめに撮っていた画像が「あっ、写真撮ってないなぁ」と感じるほどです

なんとか30km地点を通過します(10:20)
314.jpg


そしてもうしばらく行くと、次のエイドが見えてきました
315.jpg



◆第9エイド黒山AS(30.8km)〜第10エイド顔振AS(34.2km)
316_.jpg


 黒山ASに到着しました(10:25)
317.jpg


こちらではお蕎麦を頂きました。
318.jpg


かわいいボランティアさんにお箸を割って頂き、一時癒やされます。
319.jpg

顔にモザイクを入れるのが残念なくらい可愛いボランティアさんでした


三分ほど止まって出発します(10:28)

 コースはここから本格的な上りコースとなります。
320.jpg

こんな感じで延々と上ります。


極力走りたいと思うのですが、なかなか厳しいです

 さてこの奥武蔵グリーンラインは、全舗装道路で木々が鬱蒼としています。なので今日のような日差しが強い日でも、木陰が守ってくれます。またこのあたりで標高が500mを超えてくるので、暑くても湿気分が少なく感じます。

 そしてたまに木々が晴れるとこのような絶景が待っています。
321.jpg


しばらく坂道と格闘していると、本格的な私設エイドがありました。(10:41)
322.jpg


 「美味しい水が自慢です」とのことだったので、一杯頂きました。確かに美味しかったです

 そしてしばらく行ったところに次のエイドがありました。
323.jpg



◆第10エイド顔振AS(34.2km)〜第11エイド見晴台AS(36.6km)
324_.jpg


 やっとの思いで顔振ASに到着です(10:50)
325.jpg


 こちらではフルーツを頂きました。
また、折返しでしかお目にかかれないと思っていたなつ姫様に、ここで出会うことが出来ました。丸山ASで間に合わないと行けないので記念写真を撮っておきます。
326.jpg


 ここからは二週間前、試走をしているので何となく気持ちに余裕があります。
327.jpg

「顔振峠」って読めますか?おっちゃんはダメでした。
《KOUBURI-TOUGE》と読むそうです。試走時に撮影。


景色が良いと富士山が見えます
328.jpg

真ん中に富士山が写っています。試走時に撮影。


 記念写真を撮ったあと、フルーツを頂きスポドリをゴクリ。3分ほど休憩したので出発します。

 上り坂が続きます。おっちゃんの作戦チャートだとこの区間の平均勾配は、区間第二位です。走ることの出来る道を探しながら歩きベースです。
329.jpg

こんな道が続きます。試走時に撮影。


しばらく行くと35kmを通過(10:59)
330.jpg


 歩いたり、走ったりが続きます。頑張れば走って上れそうな坂が多いのですが、ここで脚を使っては後半が持ちません。
331.jpg


大きなヘアピンを回ったところに、突然エイドが現れました。そしてそこには思いもかけない方々
332.jpg


 
2017/06/16 PM作成

posted by だぶさん at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(2) | 20170604奥武蔵ウルトラマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする