2018年06月22日

第5回スパトレイル2018に参戦しました〜〜^^(大会前日 その2〜草津編)

200.JPG



草津に向かいます


■ちょっと寄り道します
 今おっちゃん達がいる中之条町から草津までは約40km。ゆっくり走っても一時間程度で到着できます。ここでろっしさんからの提案で、八ッ場バムの工事現場を見学に行きます。ろっしさんの先導で移動開始です(12:20)。
201.jpg


 国道145号線を西に向かいます。この道と並行してJR吾妻線が走っています。
原町という交差点で信号停車しているとき左手にJRの駅が見えました。
202.jpg


 何気なく駅を撮影しようとカメラを向けたら、特急電車が入ってきて画像をゲット
203.jpg


 その後もJR吾妻線の駅舎を撮影します。素朴な駅がいっぱいあって観ていて楽しいです
204.jpg


 そして旧道の国道145号線を少しだけ脇に入ると見えてきました(12:40)
205.jpg


■八ッ場ダムの見学
 小山の上が見学できるようになっていました。そこを上ると、工事現場が確認出来ます。
206.jpg


 画像にしてしまうとその迫力が伝わらないのが残念ですが、かなりパワーのある眺めです。こんな一等席もあるのですが、高いところが苦手なおっちゃんはダメでした
207.jpg


 ちゃんと説明の看板も出ていて、かなり親切です。
208.jpg


 それによると、このダムを造るためにセメント工場を作ったようです。
209.jpg


 そう思ってみてみると、工場から直接現場にセメントが送られていました。
210.jpg

ちょっと見にくいですが、黄色い円に着目してみてください


 かなり迫力のあるモノが見学できました。
211.jpg

小雨が降っているにもかかわらず、かなりの見学者でした。


■受付会場にて
 八ッ場ダムの見学が終わって、ろっしさんとおっちゃんは草津に向かいます。「まずは受付をすませましょう」ということで受付会場に向かうことにします。KTK38Kの受付は草津温泉スキー場天狗山レストハウスで、草津の温泉街からは少し離れています。

 受付の駐車場に到着したときは、本格的な雨になっていました(13:37)。
212.jpg


駐車場から少し歩いたところに、レストハウスはありました。
213.jpg


受付会場に向かいます
214.jpg


STSK72Kの受付に比べると、ナンバーカードなどを頂くだけなのできわめてシンプルです。
215.jpg


 ここ草津の会場にも、記念ボトルが売っていました。そしてそこには去年の記念トートバッグも半額で売っていました。もちろんゲットです
216.jpg


 参加賞などの頂き物を並べるとかなりの量になりました。
217.jpg


 隣にはお店も出ていて、おっちゃんが購入に苦労したブランケットや携帯トイレも売っていました〜〜^^
218.jpg


 ここ草津のスキー場は四半世紀前に、学校の卒業旅行で一度来ました。当時はスキーをかなりやりんでいて、既に働いていたのでお休みを取るのが大変だったことを思い出しました。
219.jpg


 感傷に浸っていると、ちょっとお腹が空いてきました。草津の街でご飯を食べることにします。
220.jpg

明日はここからバスに乗ってスタート地点に移動します。


■コースの下見
 ろっしさんの車はこのままスキー場の駐車場に置いておいて、おっちゃんの車で移動します。お腹が空きすぎたので、お蕎麦屋さんでお蕎麦を頂きました(14:23)。
221.jpg222.jpg


 当初の予定では「コースを少し走ってもいいかなぁ」などと考えていたのですが、かなりの雨が降っているので、それはちょっと厳しそうです。そこでフィニッシュ直前のところまで車で行ってみることにします。

 去年走ったろっしさんの記憶に従って、コースを行くと黄色い看板を発見(15:00)。
223.jpg


 ろっしさんが確認に行ってくれます。
224.jpg


 看板にはこんなことが記されていました。
225.jpg


 明日はこの奥からこの看板を見つけることになります。ここからゴールまでは約700m。どんなことを考えながら走っていることでしょうか。
226.jpg


■草津の街へ
 簡単ですがコースラストの下見も出来たので、いったんホテルに向かうことにします。
227.jpg

今回お世話になったホテルせんぱくさん。

 チェックインをしたあと、明日の朝ご飯の調達に向かいます(15:48)。
228.jpg229.jpg

草津の街中は、派手な外装を禁止されているようです(未確認)。
コンビニも例外ではなくシックな感じ。京都の街のようです。


 一度部屋に戻って、休憩をしたあとお風呂を探しに街をぶらつきます。


■草津温泉
 草津の街を湯畑のある方向に向かいます(16:48)。
230.jpg


 歩いて10分弱、湯畑に到着。土曜日ということもあって、小雨が降るのに観光客でいっぱいです。
231.jpg232.jpg233.jpg234.jpg


 この湯畑の近くにある『御座之湯』さんでお湯を頂きました(17:39)。
235.jpg236.jpg


 さっぱりしたあと、明日の本番が終わったあとの食事やお風呂を吟味しながら草津の街をウロウロします。
237.jpg


 そして明日は朝から動くので、ちょっと早いですが夕食にします(18:16)。
温泉に行く途中で目を付けていたとんかつ屋さんです。
238.jpg


 ホテルの近くにある飛び込みで入ったお店でしたが、これが大当たり。店内はいかにも『ランナーです』という方もいましたが、地元の方も多くいらっしゃいました。
 とても美味しいとんかつに巡り会えました
239.jpg


 ホテルに帰ると明日の準備と荷物の確認。ろっしさんとは「明日の朝は早めに行きましょう」ということにしてあるので、早々に床につきました。

2018/07/08 AM作成

posted by おっちゃん(だぶ) at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(2) | SAP TRAIL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

第5回スパトレイル2018に参戦しました〜〜^^(大会前日 その1〜中之条町編)

100.jpg


移動開始です


■前日受付
 スパトレイルはSTSK72KもKTK38Kも前日受付になります。
STSK72Kは四万温泉からスタートで前日受付は中之条町の総合体育館。おっちゃんが参戦するKTK38Kは草津温泉スキー場天狗山レストハウスで受付をしてスタートは受付場所からバスに乗って野反湖からのスタートになります。

 同じKTK38Kに参加するろっしさんから
「STSK72Kに参加するさる隊長を、11:30に中之条町に送り届けます」


 という連絡を頂いたので、おっちゃんも大会前日に中之条のSTSK72Kの受付場所へ行くことにします。


■自宅出発
 調べると自宅から中之条町まで約170km。何もなければ2時間半程度で到着することが出来そうです。
 9:00に出発すればよさそうですが、なにかあったら行けないので8:00に自宅を出発することにします。

 出発は比較的ゆっくりなので、仕事場に出るよりも寝ることが出来て気楽です。
緊張感はあまりなくて起床。早速天気予報を確認します。
 まず今日、大会前日の6月23日(土)は
101.JPG


 夕方から雨がぱらつきそうですが、大したことはなさそうです。因みに大会当日の6月24日(日)は
102.JPG


 天気に問題はなさそうです。高所にある草津町で昼間25℃近くまで気温が上がりそうです。

 起床後、普通に朝ご飯を食べて、最後の荷物チェックをします。前日出発なので、自宅を出ると時も特に緊張感なく普通に出発
103.jpg

そんなに早い時間ではありませんでしたが、一般道は特に混んでいませんでした。


 圏央道の最寄りICまでストレスなく到着できました。
104.jpg


 「これは早く着きすぎるかな」などと思っていたら、圏央道本線に入ったとたん捕まっちゃいました。渋滞です。
105.jpg


 一人で運転しているときは、スマホなどを使って情報収集することが、かなり難しいです。ラジオなどで確認に手間取りましたが、中央自動車道のJCTで渋滞しているらしいことがわかりました。結局その渋滞を抜けるのに30分以上かかってしまいました。

 早めに出発したのですが、ろっしさんやさる隊長との合流には少し遅くなりそうです。ただ『安全運転』が何よりなので、ボチボチと走ります。圏央道から関越道に入ったところでこんなバスを発見しました。
106.jpg



 今回のスパを走るランナーを乗せているのでしょうか
走り始めて3時間弱。関越自動車道の駒寄PAでトイレ休憩。
107.jpg


 ここでさる隊長に連絡を取ります。やはり隊長とろっしさんは先行されているようです。

 渋川伊香保ICで関越を降りて下道を行くことにします。ICを降りてすぐは少し混んでいました。
108.jpg


 国道353号線に入ると、車は思った以上にいましたが渋滞になることはありません。
しかしながら11:20頃...
109.jpg


 雨が降ってきました。「ポツリ、ぽつり」という感じでしたが、その後も降ったり止んだりといった感じでした。


■中之条町総合体育館にて
 中之条の街に入って353号線を離れると、受付のある総合体育館は一本道。途中からは運営スタッフの方もいらっしゃったので、迷うことなく駐車場に到着。
 すると、そこでろっしさんとさる隊長に合流が出来ました。三人で体育館に向かいます。
110.jpg


すると正面から、見覚えのあるご尊顔が!
111.jpg


ももさんご夫妻でした。
STSK72Kに参加するランナーはブリーフィングの参加が義務づけられています。隊長とももさんご夫妻は、一番最初の時間です。因みにさりーさんご夫妻は二番目のブリーフィングなので、ここではお目にかかることが出来ませんでした。

 受付会場に到着です。
112.jpg


 既に受付を完了しているももさんご夫妻とろっしさんに断って、おっちゃんはさる隊長と一緒に、受付会場に入ります。

 体育館の中は、動線がしっかり作ってあって迷うことはなさそうです。
113.jpg


 まずは必携品のチャックです。このようなトレイがあって、決められたモノをそこに置いていきます。
114.jpg


 近くにスタッフの方がいらっしゃるので、迷うことはありません。
115.jpg


 そのトレイを確認場所に持って行きます。ここでチャックを受けます。
116.jpg


 装備確認のチェックインを頂くと、やっと受付です。
117.jpg


ナンバーカードやICチップ、参加賞などを受け取ります。

そこを過ぎると、グッズを売っていました。
118.jpg


 毎年あるらしいのですが、今年はドリンクボトルのようです。
 本当なら飛びついて購入するところですが、Goods好きなおっちゃんのことを知ってくださったももさんから中之条に着く前に連絡がありました。
『限定ボトルがあるけど買っておこうか?』

 速攻でお願いをしてすでに購入していただいていました。ももさんありがとう

 画像ではボトルにサインがしてありますが、購入しているモノにはありません。スタッフの方にお聞きすると『サインをお願いすれば?』と後を指さされます。そこには...
119.jpg


プロトレイルランナー『鏑木毅』さんがいらっしゃいました。皆さんに気さくにサインをされています。本当はサインをして欲しかったのですが『まもなくブリーフィングなので』とスタッフの方に止められて泣く泣くこの場所をあとにします。

 すぐ隣では、ブリーフィング会場がありました。
120.jpg


 さる隊長とおっちゃんは一旦外に出てナメコ汁を頂きます
121.jpg122.jpg


 これからブリーフィングに参加する、さる隊長とももさんご夫妻とはここで一旦お別れです。
123.jpg

画像提供:ゆみさん


「さぁ、自分達も受付に行きましょうか」とろっしさんと二人駐車場に向かおうとしたとき...
124.jpg


 なんと、はなちさんに遭遇。はまちさんはお仕事の関係でDNSになるかもしれない、と仰っていました。でもなんとか仕事を片付けてこられたそうです。

 さぁ、ここからおっちゃん二人で草津まで向かいます〜〜^^

2018/07/07 AM作成

posted by おっちゃん(だぶ) at 00:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | SAP TRAIL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

第5回スパトレイル2018に参戦しました〜〜^^(準備編)

001.jpg


新たな挑戦です


■おっちゃんのトレラン史
002.jpg

画像はイメージです


 走り始めてからすぐにトレイルには興味がありました。でも近くでやっている方がいなくて、なかなか走るチャンスがありませんでした。
2016年3月 おっさんランナーさんを招いて、青梅市成木でファンランで走ったのが初めてのトレランになりました。(このときの模様はこちらをどうぞ)
 その後同年12月にさりーさんご夫妻に宝筐山に連れて行ってもらって、トレイルの楽しさにハマります。そして同月千葉県の鋸山で初めてのトレイルレースに参加(房総横断トレイル&アウトドアクエスト【鋸山ラウンド15K】)します。その時の模様はこちらをどうぞ)

 年が明けて2017年7月 だ〜まえさん主催で初めての南高尾地区をトレラン。そして同年9月 多摩川源流トレイルランでトレイル大会二戦目に挑戦(25k)(その時の模様はこちらをどうぞ)。その過酷さに恐れをなしてその後、暫く走ることがありませんでした。

 ところが今年になって2018年4月に青梅で開催された青梅高水山トレイルラン。ろっしさんが参戦されるということで、応援に出かけます。そしてこの辺りから雲行きが怪しくなりはじめます
 同年5月に成木の森トレイルランでボランティアとして走る機会を頂けます。この時の楽しさで多摩川源流の厳しさをすっかり忘れてしまい、チームおっさんランナーズの方々(特にろっ●さん)の熱心な唆し...お誘いを受けて、今回トレイルラン三戦目となる、第五回スパトレイル2018に参戦することとなりました。


■スパトレイルとは
 スパトレイルは群馬県吾妻郡草津町の四万・草津温泉をスタート/フィニッシュとして走る大会です。
003.JPG

地図で確認すると、草津町は東京より日本海の方が近いんです(^^ゞ


 コースは完全なワンウェイ(一方通行)で走ります。競技は二種類あって、STSK72K(約72.3q)が制限時間13時間。もう一つがKTK38K(約38.2km)で制限時間は8時間です。

・STSK72K(約72.3q)
スタート:四万温泉桐の木平駐車場〜野反湖パークランド和光原〜野反湖ビジターセンター〜世立八滝(よだてはったき)〜田代原(たしろはら)〜フィニッシュ:草津温泉スキー場天狗山

・KTK38K(約38.2km)
スタート:野反湖ビジターセンター〜世立八滝〜田代原〜フィニッシュ:草津温泉スキー場天狗山

因みに“STSK72K”とは(スパトレイル〔四万to草津〕)
(S)PA (T)RAIL〔(S)hima to (K)usatsu〕

“KTK38K”は(六合[くに]to草津)
(K)uni (t)o (K)usatsu

の意味だそうです(大会ガイドブックより)

 それまでのトレイル最長距離が25kmのおっちゃんはKTK38Kに参戦しました。おっちゃんにとって38kmはトレイル最長距離への挑戦です。
 因みにSTSK72Kにはさる隊長、さりーさん夫妻、ももさん夫妻が参戦されました。


■準備
 大会前に送られてきた、大会ガイドブックは大変しっかり作られており大会規則などもしっかり掲載されています。
004.jpg


 STSK72Kは必須の持ち物が決まっており、事前に荷物検査があります。またブリーフィングの参加も義務づけられていて、本格的な大会です。
 おっちゃんの参加するKTK38Kはそこまで厳しくはないのですが、“推奨”という形で細かく記されています。
 今までにない緊張感で、大会準備を進めていきました。

・ハイドレ
 トレイルなので、水を持って走ります。大会からの必携品リストの中にも“1リットル以上の水”が記載されています。
 おっちゃんはそれまで、ウルトラスパイア社のオメガというザックを購入したときに付属でついていたハイドレを使っていました。ところが4月末に実施した足柄峠を走ったのを最後に具合が悪くなり、水が出なくなりました。そこで新しいモノを購入することにします。

 今まで使っていたハイドレは水を飲む際に、口元の栓(チューブの先)を『引っ張って』て飲むタイプでした。これは結構面倒です。これしか知らなかったおっちゃんは「こんなモノだ」と思って使っていた。しかしながら皆さんと走る機会が多くなって、お持ちのハイドレを何気なく見ると皆さん飲みやすそうです。
 足柄峠を走った時に伺うと、チューブの先を『噛む』だけで水が出るのだとか。これは楽そうです。
 その後、SNSなどで意見を伺って購入したのがこれです。
005.jpg


 これはチューブの先が『噛む』タイプです。
006.jpg


 またウルトラスパイアで壊してしまったタンクとチューブのジョイント部分です。今回の購入したものはねじ式でしっかり締め込むタイプなので、安心できそうです。
007.jpg


 またチューブには、リュックに固定するクリップがついています。これならばチューブがグラグラすることがなさそうです。
008.jpg


 これらを踏まえて大会二週間前に試走で試してみました。その結果は...

 水を飲むのはとても楽になりました。ソフトフラスクと同じで栓を『噛む』だけで水が出るのは今までのモノとは雲泥の差があるほど楽でした。

 しかしながら不本意なモノもありました。
それはチューブを留めるクリップです。これはどこかに固定をするのであればまったく問題がないです。ただ飲む時に外して、飲み終わったらまた付けるとなるとクリップが『小さすぎる』のです。その割にはクリップの挟む力が強いので、走りながらだとそのことに神経を使ってしまいます。

 時間がないので、今回は以前使っていた『洗濯ばさみの改良版』に再登場願いました。
009.jpg

見た目はかっこ悪いですが、実用性はいいです。画像のチューブはウルトラスパイアのモノです。


・ソフトフラスク
010.jpg


 またオクムのようなエイドは期待できないので、栄養ゼリーを摂取するために、ソフトフラスクも持って行きました。(結果的には大活躍しました)


・補給食
011.jpg


 このスパトレイルに何回も参戦しているももさんに伺ったところ、エネルギージェルは『一時間に一つ』摂取した方がいいと教えていただきました。
 となるとおっちゃんの場合、8時間で完走するとして7個必要になります。

 そこでこれまで大会などで頂いたジェルなどをフル動員させて用意します。
 今回は車移動なので、現地にはたくさん持って行ってろっしさんやチームおっさんランナーズの方々にお聞きして最終的に決めたいと考えました。


・ザック
 おっちゃんが参戦するKTK38Kもワンウェイのコースで、荷物はフィニッシュ地点で預かっていただけます。従って前面部分に出来るだけたくさんのポケットがあるゆー・でぃー君にハイドレを装備して走りたいと思います。
012.jpg

今回もゆー・でぃー君に頑張ってもらいました。画像提供:ろっしさん


・新戦力
 先ほどのガイドブックより大会本部からの“必携品”と“推奨必携品”というモノがあります。
013.JPG


 必携品リストを見ると、おっちゃんが持ち合わせていないのは。
・熊鈴
・ファーストエイドキット

推奨必携品では
・サバイバルブランケット
・携帯トイレ

 今後も必要と思われるモノなので、これを機会に購入しました・
・熊鈴
 去年走った多摩川源流トレイルでは、ろっしさんからお借りしました。これから先も必要になりそう(?)なので、購入しました。
018.jpg

袋がついていて、普段は消音効果があります(これがまた“伝説”を作ってしまいます)


・ファーストエイドキット
 先ほど実施した足柄峠走破隊のときには、自宅にあるモノを全て持っていきました。今回もそれでよかったのですが、これを機会に専用のモノを用意しました。といっても100鈞の袋に消毒液や絆創膏を詰めただけです。
014.jpg


・サバイバルブランケット
 これには困りました。諸先輩方に相談をしたところ『大概のモノは100鈞でそろう』とご教授いただいたので、近郊で一番大きな100鈞に出向いたところ....ありました
015.jpg016.jpg


このブランケットを使うような場面があっては困るのですが『備えあれば憂いなし』ということで用意しました。

・携帯トイレ
 これも困りました。昔カー用品のお店で見かけたことがあるのですが、今はわかりません。結果的にはこれも100均でゲットできました。最近の100均はいろんなモノがそろっているんですね〜〜^^
019.jpg



■移動

 今回参戦するスパトレイルは群馬県吾妻郡草津町で開催されます。ご一緒するろっしさんからは
『最寄り駅からピックアップするよ』

と話してくださいました。
 因みに東京駅まで約一時間。東京駅から高崎まで新幹線で約一時間、そこから吾妻線特急電車で約一時間。待ち時間などを考えると約3時間半。金額も往復で約33k。持ち込む荷物。往復の交通費。帰りの時間(遅くなると電車がなくなる)を考えて、今回も車移動を選択しました。

 トレイルで痛めつけられた脚を運転中、“あいつ”が襲ってこないことを祈ります。


■作戦
 トレイルなので高低差から考えます。
017.JPG


オフィシャルの高低差では、累積標高の(+):上り2118m、(-):2393mとなっていて数字だけで読み取ると

下りの方が多いから楽なトレイル


などと感じがします。でも数少ない経験則から下りが楽だとはとても思えません。また高低図は上り坂のエグさが際立っています。22km付近の世立八滝。27kmの『京塚の上り』。
 そして何よりも後半10kmがすべて上り基調。あれほど辛かったオクムも最後は下り坂でしたが、ここは上って登って終わり。ここまで脚が持つのか?不安たっぷりです。

 初めてのコースですので、ザックリとしたことしか出来ません。
   ・前半は最高地点の弁天山から約6kmの下り。飛ばしすぎないこと。
   ・上り坂で歩くことを恥ずかしいと思わないこと。
   ・時間の勝負とは考えず制限時間8時間を目一杯使って『完走する』ことを最優先で考えること。

また、トレイル大会初心者なのでエネルギー切れを考えて
   ・一時間おきに必ずエネルギージェルを摂取すること(ももさんからの忠告)

 相変わらず、ザックリですがこれで初めてのスパトレイル、そして最長距離への挑戦を乗り切りたいと思います。

2018/07/05 PM作成

posted by おっちゃん(だぶ) at 00:00| 神奈川 ☔| Comment(4) | SAP TRAIL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする